弱者のスパイクレシーブ理論

DVD教材 熊崎 雅文

残念ながら多くのチームが、このポジショニングを採用しています…

——————————————————————————————

「見境なくあれもこれも拾おう」という教え方は、結果的に選手たちに難しいことを要求し、プレッシャーをかけていることになる。

 難しいことをやり過ぎれば、選手は不安になり、ミスが生まれる。

 シンプルに取り組めば、公立校の普通の選手でも、もっと力を出せるんです。

——————————————————————————————

この言葉は、弱者を育て全国へ導くベテラン指導者 熊崎氏の言葉です。

熊崎氏が監督を務める益田清風高校のスパイクレシーブの練習を見学していると、本当に指示が具体的かつシンプルな印象を受けます。

と、同時に違和感もあります。

一般的によく用いられるレシーバーのポジショニングとは異なるからです。

なぜ、一般的に良しとされているポジショニングと異なるのか?

その答えの中には、納得せざるを得ない、超合理的な理論と根拠がありました。

 

多くの公立校のチームが採用している「非合理的なポジショニング」

レシーブミスを確実に減らせる「超合理的なポジショニング」

 

詳しくは、コチラの解説動画をご覧ください↓