menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. スパイクをコート奥に打つメリットとコツ
  2. 3人でやってみよう!対人パス練習
  3. Volleyで何ができるか、考える1
  4. スパイクが「かぶる」原因と改善方法
  5. 【レセプション】セッターへの返球が強くなる人の対処法
  6. 力強いサーブを打つためのコツ
  7. ジャンプ力がアップするトレーニング2選
  8. バレーボール用語「パンケーキ」って何?
  9. 【バレー】世界の動きも学ぶ1
  10. 【バレー】世界の動きも学ぶ2
閉じる

バレーボール強育塾

パスのコントロール力がアップする練習はコレ!

 

今回は、パスのコントロール力がアップする練習をご紹介したいと思います。

パスのコントロール力が高ければ、思いどおりの場所へ正確なパスを出すことができるため、1つのボールをチーム全員でつなぐバレーボールでは必ず磨いておきたい能力です。

さらに、パスはポジションにかかわらず選手全員が必要になるものですよね。

選手ひとりひとりのパスコントロール力をアップさせて、つなぐバレーボールが得意なチームを目指しましょう!

 

~コントロール力アップ練習メニュー2選~

・シッティングオーバーハンドパス

・ネットを使ったアンダ―ハンドパス

 

■ シッティングオーバーハンドパス

二人一組になり、座りながらオーバーハンドパスをおこなう練習メニューです。

まず、3mほど間隔をとったら、開脚をして座ります。この状態で、ひたすらオーバーパスを続けていきましょう。

座りながらおこなうことで、移動ができない(足を動かせない)状況をつくり出すことができるのです。

つまり、パスのコントロールを意識しなければ相手に届かずパスを続けることができませんよね。

この練習では、どのくらいの力でどのあたりの位置にパスを送れば相手がとりやすいかということを考えることが大切です。

さらに、パスをした後は手が下がってしまいがちになるので、常におでこでボールをとらえられるようにパスを送った後も手を残すようにしましょう。

 

■ ネットを使ったアンダーハンドパス

ネットにボールを当ててパスを繰り返す練習メニューです。

最初は、ネットに正対した状態で、ネットにボールを当ててパスを繰り返していきましょう。

このときのポイントは、しっかりと膝のバネを使ってパスを送り出す意識でおこなうことです。手だけでパスをしてしまわないように注意が必要です。

 

安定してパスができるようになったら、今度は、横に移動しながらネットにボールを当てるパスに挑戦しましょう。

移動しながらになるので、先程の静止状態のものと比べて難易度がアップします。

このときのポイントは、どれくらいの力で当てたら自分の取りやすい位置に返ってくるかという感覚をつかむことです。この感覚をつかめば、スムーズな動きで移動することができます。

 

この練習では、なるべく一定の位置に当て続けられるようにコントロールを意識しましょう。

そうすることで、コントロール力と膝のバネの使い方を身に付けることができます。

 

 

いかがでしたでしょうか。

今回は、パスのコントロール力をアップするためにオススメの練習を2つご紹介しました。

ぜひ、普段のパス練習に取り入れてみてください!

 

関連記事

  1. 初心者向け!パスワーク練習法2選

  2. 天皇杯・皇后杯Theファイナル始まる!& 冬の講習会―福島白河編…

  3. スパイク動作のテイクオフについて

  4. ペアでやってみよう!コントロール力アップ練習

  5. メリークリスマス&今年の御礼「冬の講習会―福島白河編-」ともに

  6. 自宅で今すぐ取り組めるバレーのオススメ自主練習2選

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 今回は、スパイクをコート奥に打つメリットとコツをご紹介したいと思います。…
  2. 今回は、3人体制でおこなうパス練習をご紹介したいと思います。これまで、1…
  3. 【特番】(大雨)災害の中にあってのバレーボールについてこんばんは。メ…

おすすめ記事

  1. スパイクをコート奥に打つメリットとコツ
  2. 3人でやってみよう!対人パス練習
  3. Volleyで何ができるか、考える1

SNSでも情報配信中!
twitter
facebook

ページ上部へ戻る