オーバーハンドパスで音が鳴らないようにする練習方法

練習メニュー

今回は、「オーバーハンドパスで音が鳴らないようにする練習方法」についてご紹介します。

オーバーハンドパスをするとき、音が鳴って上手くパスができない方は多いのではないでしょうか?

私もバレーボールを始めた頃、オーバーハンドパスで音が鳴って上手くパスができないことで悩んだ時期がありました。
しかし、今回ご紹介する練習を行ったことで、オーバーハンドパスで音が鳴らなくなり、さらに「上手くなったね」と言ってもらうことができたんです。

そこで、今回は「オーバーハンドパスで音が鳴らないようにする練習方法」をご紹介します。

 

練習方法①

・2人組になり、4本の指(親指と人差し指)でオーバーハンドパスを行う

<ワンポイントアドバイス>
音が鳴ってしまう方は、身体より遠いところでボールを弾いてしまっています。
音が鳴る=ボールを弾いている となります。

オーバーハンドパスの基本は、手の形が三角です。

しかし、音が鳴る方は、ボールを遠くに飛ばそうとして手の三角の形が崩れています。
綺麗な三角の形を作るために、この4本でパスの練習を行います。

短い距離で相手に投げてもらったボールを返す練習や、直上に上げる練習をしましょう。
常に三角を作るのを心がけます。

4本の指で練習することによって、必然と三角の形ができるようになります。

 

練習方法②

・おでこの前でキャッチを行う

<ワンポイントアドバイス>
オーバーハンドパスで音が鳴る方は、比較的、身体から離れたところでパスをする方が多いです。
ですので、ボールをおでこに引き付けるイメージでキャッチをするようにしましょう。

ボールをおでこの前に引き付けることで、ボールの勢いを吸収してパスを出すことができます。
その結果、音がなる確率が下がります。

ボールが身体から離れたところで弾いてしまうケースが多いのです。
一回おでこの前でキャッチをして、正しい場所でパスすることを身に付けましょう。

 

まとめ

今回は「オーバーハンドパスで音が鳴らないようにする練習方法」についてご紹介しました。

・綺麗な三角の形を作るために4本の指でパスをする練習
・おでこに引き付けるイメージで、おでこの前でキャッチする練習

練習方法①で指の使い方、練習方法②でボールの引き付け方を身に付けることができます。

この練習は、手の操作や指の使い方を覚える練習ですので、距離は短くても大丈夫です。
まずは、正しい形を覚えるようにしていきましょう。

この練習を行うことで、きっとオーバーハンドパスで音が鳴る悩みを改善できると思います。
ぜひ、実践してみてください!


LINE友達登録で50%OFFクーポンプレゼント!

新しい時代で伸びる上達法!LINEで友達になると、短時間の練習で上級者の動きに変える、バレーボール上達DVDを半額で学んでいただけます

バレーボール強育塾がLINE公式アカウントを開設! 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、バレーボール強育塾で使えるクーポンをお渡しします! このクーポンを使うと…私たちが販売しているバレーボールDVDの中から、お好きなDVDおひとつを半額で手に入れていただけます。

LINE友達登録で、バレーボールDVD教材が50%OFF!

詳細はこちらをクリック!