練習効率アップ!対人レシーブの練習方法

練習メニュー

今回は、「対人レシーブの練習方法」についてご紹介します。

バレーボールでは、チーム内に強いスパイクを打てる選手がいても、守りができる選手がいなければ勝つことができません。

バレーボールは点を取るというより、ボールを落とさないゲームです。
つまり、ボールが地面につかない限り、永遠に試合が続きます。

ですので、レシーブはバレーボールで重要な技術です。

そのレシーブを強化できる練習方法が「対人レシーブ」です!
みなさんも1度はしたことがあるのではないでしょうか?

対人レシーブは、様々なテクニックが習得できる基本練習であり、さらにチーム全員が同時にできるという点でも効率が良い練習です。

そこで今回は、「対人レシーブの練習方法」についてご紹介します。

 

練習方法①

・2人1組になり、対人レシーブを行う
・スパイカーはレシーバーにスパイクを打つ
・落とさずに連続して続ける

練習方法②

・3人1組になり、2人の対人レシーブの真ん中にセッターを入れる
・スパイカーはレシーバーに打つ
・レシーバーはセッターにボールを返す
・セッターはスパイカーにトスを上げる
・落とさずに連続して続ける

 

アドバイス①

これらの練習は、集中力とコントロール力が身に付く練習です。
1本1本に集中して取り組むようにしましょう。
最初は簡単なパスから始めて、徐々に強いボールや離れたボールなどレベルアップさせます。

アドバイス②

レシーバーは、スパイカーの手元をよく見てボールに反応するようにしましょう。
正面にきたボールは確実に返し、乱打に対してもしっかり相手にボールを返せるようにレシーブをします。
集中力が少しでもかけてしまうと、相手が打ちやすい場所に上げることができないので、集中して行うことが大切です。

アドバイス③

対人レシーブは、スパイクを正確に打つ練習にもなります。
スパイクの基本フォームが身に付いていないと、狙ったところに打てず対人レシーブが続きません。
最初は正面にボールを打ち、身体が温まってきたら少しずつ距離を離して、強いボールや厳しいコースへ打ってみましょう。

 

まとめ

今回は、「対人レシーブの練習方法」についてご紹介しました。

・1本1本に集中して取り組む
・スパイカーの手元をよく見てボールに反応する
・相手が打ちやすい場所にレシーブする

対人レシーブを行う際は、このようなことを意識して行うようにしましょう。
チーム全員が同時に練習できるので、毎日行っても良いと思います。

ぜひ、実践してみてください!