バレーボール初心者のおすすめ練習メニュー2選

練習メニュー

今回は・・・

「バレーボール初心者はどんな練習からすればいいの?」
「バレーボール初心者のための練習メニューが知りたい!」

という方のために、バレーボール初心者のおすすめ練習メニューを2つご紹介したいと思います。

初心者が上達する上で大切な1つ目のステップは、まず「ボールに慣れる」ということ。

最初から技術面を磨くような練習などは必要なく、基本中の基本と言えるような練習を積み重ねることが何より重要です。

今回ご紹介するメニューは、ボールを使ったカンタンな練習メニューですので、初心者の方でもすぐに取り組むことが出来ますよ!

 

~バレーボール初心者のおすすめ練習メニュー2選~

・ボールキャッチ(ボールに対する反応力アップ)
・サイドステップキャッチ(下半身&フットワーク強化)

 

ボールキャッチ

・2人1組になり、少し距離をとる

・ボールを投げてキャッチするということを繰り返す

・投げる人は、受け手が手を伸ばしてキャッチできる範囲(上下左右・正面)にボールを投げる

・キャッチする人は、レシーブの構えからすばやくボールに反応してキャッチする

~練習のポイント~

慣れてきたら、受け手がよりキャッチしにくいコースへ投げてみたり、スピードを速くしたりとレベルアップしてみましょう。

キャッチのポイントは、構えた位置からボールまでを線で結ぶように最短距離でキャッチします。

 

「ボールキャッチ」は、ボールに対する反応力がアップする練習メニューです。

特に、レシーブの場面でのボールに対する反応力アップにフォーカスしています。

この練習は、テンポよくおこなうことを意識しましょう。
難易度は高くしすぎず、楽しんで練習に取り組めるレベルでおこなってみてください。

 

サイドステップキャッチ

・2人1組になり、5mほど距離をとる

・ボールを左右に転がしてサイドステップでキャッチするということを繰り返す

・転がす人は、転がす方向・ボールの威力に強弱をつけて、キャッチする人を揺さぶるようにボールを転がす

・キャッチする人は、ボールをキャッチしたらペアに返し、サイドステップですぐに元の位置に戻る

~練習のポイント~

サイドステップをするときのフォームは、しっかり腰を落とした状態をキープしましょう。

疲れてくると、足がもつれてきたりしますが、サイドステップを崩さないようにしましょう。

 

「サイドステップキャッチ」は、下半身&フットワーク強化できる練習メニューです。

腰を落とした状態でのサイドステップはキツいですが、土台となる下半身をつくるためにはとても効果的です。

 

まとめ

バレーボール初心者のおすすめ練習メニュー2選、いかがでしたでしょうか?
ボールに慣れることを意識して、ボールを実際に使うカンタンな練習メニューをご紹介しました。

自分がバレーボール初心者です!という方や、初心者が多いチームの指導者の方は、ぜひ一度やってみてください!