menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. バレーボール部マネージャーの2つの心得!
  2. Volleyで何ができるか、考える2
  3. ジャンプ力がアップする!チェックするタイプ別の身体の使い方
  4. バレーボールで声を出すことが大切なワケ
  5. レシーブの範囲がグッと広がる筋肉の使い方とは?
  6. ブロックカバーの必要性と方法を知ろう
  7. スパイクをコート奥に打つメリットとコツ
  8. 3人でやってみよう!対人パス練習
  9. Volleyで何ができるか、考える1
  10. スパイクが「かぶる」原因と改善方法
閉じる

バレーボール強育塾

初心者向け!まず取り組むべきパス練習法 ~オーバーパス編~

 

バレーボールにおいて、基本中の基本であるパス。

ウォーミングアップ等でも取り入れられることは多いのではないでしょうか。

今回は、フォームから身体の使い方までを一気に上達させられる「初心者にオススメのオーバーパス練習法」をご紹介していきます。

 

オーバーパスの基本:ボールの近くに身体を持っていくことがとても重要!

 

 ■ ヘディング練習 

2人1組になり、ボールを投げる人とヘディングをする人に分かれます。

ボールを投げる人は、ヘディングがしやすいように大きな山なりのボールを投げてあげましょう。

ここで大切なのは、相手に返すことではなく同じ位置で捉えることです。

そして、安定して同じ位置で捉えられるようになれば、次は膝のバネを使ってノーバウンドで投げ手へ返すイメージで行いましょう。

膝のバネを使うことによって、よりオーバーパスに近い形になります。

ここでのポイントは2つ。

・ボールがどこに落ちるかを予測してそこへ移動

・ボールの真下に入るイメージ

この2点を意識して、練習してみてください。

 

 ■ 身体のバネを使う練習 

こちらも2人1組になり、ボールを投げる人とボールを受ける人に分かれます。

ボールを投げる人は、大きくバウンドするように相手に向かって高く投げてあげましょう。

ボールを受ける人は、ワンバウンドしたボールをおでこでキャッチします。

そして、そのまましゃがんだら、立ち上がるときの力を使ってボールを相手に返します。

このとき、右足のかかとに力をグッと入れるとボールが返しやすくなりますよ。

また、ボールを返すときのポイントですが、手と肘は相手にボールが届くまでピシッと伸ばしましょう。

ボールが手から離れたからといって、すぐにだらんと下げてしまわないよう注意してやってみてくださいね。

 

この練習では、オーバーパスにおいて重要な関節である手首・肘・股関節・膝をすべて使うことができます。

ですので、最初にもお伝えしたとおり、フォームから身体の使い方までを一気に上達させられるのです。

正しいフォーム・正しい身体の使い方をマスターすれば、オーバーパスをきれいに遠くまで飛ばせるようになりますよ。

この練習法は、段階を細かく分けて行うので 指導のしやすさ・取り組みやすさ などメリットが多い練習法です。

 

次回は、「初心者にオススメのアンダーパス練習法」についてご紹介します!

 

関連記事

  1. スパイク動作のテイクオフについて

  2. バレーボールの夏を振り返って

  3. あれから4年、東日本大震災と私のバレーボール &「冬の講習会―福…

  4. Volleyで何ができるか、考える2

  5. 新春の高校バレー結実! 「冬の講習会―福島白河編-」ともに

  6. 熱戦開始。&閑話休題

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 今回は、バレーボール部のマネージャーになりたての方へ向けて、マネージャーの心得を…
  2. 【続編】(大雨)災害の中にあってのバレーボールについて2メルバレの(加藤)で…
  3. こんにちは!川端健太です!前回のブログ記事は読んでもらえましたか?…

おすすめ記事

  1. バレーボール部マネージャーの2つの心得!
  2. Volleyで何ができるか、考える2
  3. ジャンプ力がアップする!チェックするタイプ別の身体の使い方

SNSでも情報配信中!
twitter
facebook

ページ上部へ戻る