menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. スパイクをコート奥に打つメリットとコツ
  2. 3人でやってみよう!対人パス練習
  3. Volleyで何ができるか、考える1
  4. スパイクが「かぶる」原因と改善方法
  5. 【レセプション】セッターへの返球が強くなる人の対処法
  6. 力強いサーブを打つためのコツ
  7. ジャンプ力がアップするトレーニング2選
  8. バレーボール用語「パンケーキ」って何?
  9. 【バレー】世界の動きも学ぶ1
  10. 【バレー】世界の動きも学ぶ2
閉じる

バレーボール強育塾

初心者向け!パスワーク練習法2選

 

今回は、初心者にオススメの基本的なパスワークの練習法をご紹介したいと思います。

1人で取り組めるものから2人1組のものまで、今回は2種類の内容でお送りします。

パスワークの練習法はワンパターンになりがちですので、複数のパターンを用意しておくことをオススメしますよ。

ウォーミングアップとしても取り入れていただけるものになりますので、今のパスワーク練習にぜひ加えて取り入れてみてください!

 

■ パスシュート

バスケットリングを使った、コントロール力を身に付けるためのパスワーク練習です。

バスケットリングという目標物を設定することで、1本1本のパスへの集中力も高めることができます。

 

 ~練習方法~

・ボールを持って、バスケットリングの前に立つ

・真上に自分でトスを上げたら、オーバーハンドパスでバスケットリングへ向かってシュートをする

・あらかじめ目標回数を決めておき、決めた目標回数に達するまで繰り返しおこなう

 

 ワンポイントアドバイス

選手のレベルに応じて、バスケットリングまでの距離は変えるようにしましょう。

慣れていくごとにどんどん距離を離していき、ロングパスなどに挑戦してみてもよいですね。

 

■ 打ち込みワンバウンドパス

二人一組になってボールを打ち合い、ボールをミートする感覚を身に付けるためのパスワーク練習です。

肩を中心に上半身の筋肉をあたためるのでウォーミングアップにも適していたり、スパイク動作を確認する練習にもなりますよ。

 

 ~練習方法~

・二人一組になり、5~6mほど距離をとって向かい合って立つ

・自分と相手の真ん中あたりを狙って、相手に届くようにワンバウンドでボールを打つ

・これを交互に繰り返しおこなう

 

 ワンポイントアドバイス

ボールをミートする感覚を身に付けるための練習なので、手首を使ってボールを強くたたきつけるようにスイングする意識でおこないましょう。

ボールを打たない方の手を高く前に伸ばし、ボールを打つ方の手を頭の位置くらいまで上げるようにしましょう。これが正しいフォームです。

 

 

いかがでしたでしょうか。

コントロール力を身に付ける「パスシュート」とボールをミートする感覚を身に付ける「打ち込みワンバウンドパス」で、バレーボールに必要な能力をゲットしましょう。

ぜひ、普段の練習に取り入れてみてください!

 

関連記事

  1. そうかぁ!最近の情報から3&「冬の講習会―福島白河編」

  2. 夏合宿に想うこと。最終回

  3. -最終回を迎えました。―福島白河にて冬からの紙上講習会- 

  4. バレーボールの夏を振り返って

  5. パスのコントロール力がアップする練習はコレ!

  6. 難易度アップ!パス練習~応用編~

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 今回は、スパイクをコート奥に打つメリットとコツをご紹介したいと思います。…
  2. 今回は、3人体制でおこなうパス練習をご紹介したいと思います。これまで、1…
  3. 【特番】(大雨)災害の中にあってのバレーボールについてこんばんは。メ…

おすすめ記事

  1. スパイクをコート奥に打つメリットとコツ
  2. 3人でやってみよう!対人パス練習
  3. Volleyで何ができるか、考える1

SNSでも情報配信中!
twitter
facebook

ページ上部へ戻る