初心者向け!パスワーク練習法2選

練習メニュー

 

今回は、初心者にオススメの基本的なパスワークの練習法をご紹介したいと思います。

1人で取り組めるものから2人1組のものまで、今回は2種類の内容でお送りします。

パスワークの練習法はワンパターンになりがちですので、複数のパターンを用意しておくことをオススメしますよ。

ウォーミングアップとしても取り入れていただけるものになりますので、今のパスワーク練習にぜひ加えて取り入れてみてください!

 

■ パスシュート

バスケットリングを使った、コントロール力を身に付けるためのパスワーク練習です。

バスケットリングという目標物を設定することで、1本1本のパスへの集中力も高めることができます。

 

 ~練習方法~

・ボールを持って、バスケットリングの前に立つ

・真上に自分でトスを上げたら、オーバーハンドパスでバスケットリングへ向かってシュートをする

・あらかじめ目標回数を決めておき、決めた目標回数に達するまで繰り返しおこなう

 

 ワンポイントアドバイス

選手のレベルに応じて、バスケットリングまでの距離は変えるようにしましょう。

慣れていくごとにどんどん距離を離していき、ロングパスなどに挑戦してみてもよいですね。

 

■ 打ち込みワンバウンドパス

二人一組になってボールを打ち合い、ボールをミートする感覚を身に付けるためのパスワーク練習です。

肩を中心に上半身の筋肉をあたためるのでウォーミングアップにも適していたり、スパイク動作を確認する練習にもなりますよ。

 

 ~練習方法~

・二人一組になり、5~6mほど距離をとって向かい合って立つ

・自分と相手の真ん中あたりを狙って、相手に届くようにワンバウンドでボールを打つ

・これを交互に繰り返しおこなう

 

 ワンポイントアドバイス

ボールをミートする感覚を身に付けるための練習なので、手首を使ってボールを強くたたきつけるようにスイングする意識でおこないましょう。

ボールを打たない方の手を高く前に伸ばし、ボールを打つ方の手を頭の位置くらいまで上げるようにしましょう。これが正しいフォームです。

 

 

いかがでしたでしょうか。

コントロール力を身に付ける「パスシュート」とボールをミートする感覚を身に付ける「打ち込みワンバウンドパス」で、バレーボールに必要な能力をゲットしましょう。

ぜひ、普段の練習に取り入れてみてください!