menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 3人でやってみよう!対人パス練習
  2. Volleyで何ができるか、考える1
  3. スパイクが「かぶる」原因と改善方法
  4. 【レセプション】セッターへの返球が強くなる人の対処法
  5. 力強いサーブを打つためのコツ
  6. ジャンプ力がアップするトレーニング2選
  7. バレーボール用語「パンケーキ」って何?
  8. 【バレー】世界の動きも学ぶ1
  9. 【バレー】世界の動きも学ぶ2
  10. パスが遠くに飛ばない原因と対処法
閉じる

バレーボール強育塾

初心者におすすめ!集中力UPトレーニング

 

今回は、初心者にオススメの集中力トレーニングをご紹介したいと思います。

練習においても試合においても、集中力を高い状態を維持するということはとても大切ですよね。

特に試合の緊迫した場面などでは、集中力の高いチームの方がチャンスを手にしやすいものです。

集中力を高めるトレーニングから集中力を継続させるトレーニングまでご紹介しますので、ぜひ取り入れてみてください!

 

~今回ご紹介するトレーニング内容~

・目を閉じて直上パスを繰り返す「閉眼直上パス」

・テニスボールを使って手遊び感覚でおこなえる「集中力トレーニング」

 

■ 閉眼直上パス

ボールをとらえる瞬間に目を閉じて、自分の感覚だけを頼りに直上パスを繰り返すトレーニングです。

ボールが落下してくる位置や勢いを目で確認して脳に焼き付け、見なくてもパスができる感覚を養います。

このトレーニングをした後に通常の開眼状態でのパスをおこなうと、ボールを見ようという意識が強く働き、不思議なことにボールがはっきりと見えるようになるのです。

閉眼直上パスを通常のパス練習前に取り入れ、ボールに対する集中力を高めましょう。

 

~トレーニング方法~

1. ボールを真上に上げ、落下してくるボールをとらえる瞬間に軽く目を閉じて直上パスをする

2. パスを上げたらすぐに目を開ける

3. 1と2を繰り返しおこなう

 

※1 オーバー・アンダーの両方をおこないましょう。

※2 目標回数を決めておこないましょう。

 

■ テニスボールキャッチ

テニスボールを使った、簡単な手遊び感覚でおこなえるトレーニングです。

トレーニングの内容そのものはとても簡単なのですが、回数をたくさん繰り返しておこなうところが意外とむずかしいトレーニングです。

このトレーニングでは、集中力を継続できる力を身に付けることができます。

テニスボールキャッチは、ウォーミングアップ後に取り入れてみてください。その後の練習で、集中力が継続しやすくなりますよ。

 

~トレーニング方法~

1. 2人1組になり、1人1つテニスボールを同じ手に持ち(右手なら2人とも右手)、1mほど間隔をあけて向かい合う

2. ボールを持っていない方の相手の手へ向かってテニスボールをお互い同時に投げる

3. キャッチしたら、ボールを投げた方の手へ持ち替える

4. 2と3をテンポよく繰り返し、50回を目標におこなう

 

※1 ペア同士で数をカウントしながらおこないましょう。

※2 50回が達成できたら、最終目標は100回!

 

 

いかがでしたでしょうか。

集中力が高い状態が長時間継続できる選手は、上達スピードが早い傾向にあります。

この2種類のトレーニングを普段の練習に取り入れていただき、集中力をグングンUPさせましょう!

 

関連記事

  1. リレー形式で楽しめる!ボールを使ったウォーミングアップ

  2. -祝100号記念-冬の講習会―福島白河での思い出-

  3. ボールを使った楽しいウォーミングアップ2選

  4. 公開しちゃいます!:福島・白河ひがしクラブ講習会のメニュー

  5. そうかぁ!最近の情報から3&「冬の講習会―福島白河編」

  6. 初心者向け!パスワーク練習法2選

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 今回は、3人体制でおこなうパス練習をご紹介したいと思います。これまで、1…
  2. 【特番】(大雨)災害の中にあってのバレーボールについてこんばんは。メ…
  3. 突然ですが、スパイクの場面で「かぶる」という言葉を耳にしたことはありませんか?…

おすすめ記事

  1. 3人でやってみよう!対人パス練習
  2. Volleyで何ができるか、考える1
  3. スパイクが「かぶる」原因と改善方法

SNSでも情報配信中!
twitter
facebook

ページ上部へ戻る