menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. バレーボール部マネージャーの2つの心得!
  2. Volleyで何ができるか、考える2
  3. ジャンプ力がアップする!チェックするタイプ別の身体の使い方
  4. バレーボールで声を出すことが大切なワケ
  5. レシーブの範囲がグッと広がる筋肉の使い方とは?
  6. ブロックカバーの必要性と方法を知ろう
  7. スパイクをコート奥に打つメリットとコツ
  8. 3人でやってみよう!対人パス練習
  9. Volleyで何ができるか、考える1
  10. スパイクが「かぶる」原因と改善方法
閉じる

バレーボール強育塾

家にある○○を使ってプレーを安定させよう!

 

今回は、短時間で身体能力をグッと引き上げてプレーを安定させる方法をお伝えしたいと思います。

実は、プレーを安定させるカギは「体の軸」にあります。

体の軸が安定することによって、無駄な動きがなくなり、すべてのプレーにおいて安定感が生まれるというわけです。

しかも、特別な道具は不要!家に必ずある○○と、少しの時間があれば、安定したプレーが手に入るんです!

では、詳しい内容をご紹介していきましょう・・・

 

■ 頭の上に「タオル」をのせる

そう、家に必ずある○○とは、実は「タオル」なのです。

タオル1枚で安定したプレーが?!と思われる方も多いかと思いますが、これは実証済みの方法です。

普段の練習で、タオルを頭にのせてそれを落とさないように意識するだけでいいのです。

タオルのサイズにもよりますが、通常のフェイスタオルなどでいくと4つ折りでOKです(頭を覆う形で、長さは両耳くらいまで)。

 

まずは、パス(アンダーハンドパス・オーバーハンドパス)から感覚をつかんでいきます。

通常どおりのパス練習の後に、タオルのせパス練習をおこないましょう。

タオルを落とさないようにパスをするのは、最初はやりにくさを感じるかもしれません。

しかし、タオルをのせることで、顔を上下左右に動かせない状況をつくれていることになります。

バレーボールのプレー全般において、目線をぶらさないということは非常に大切ですよね。

その感覚を養える方法になりますので、慣れてくるまでひたすらタオルのせパス練習をおこないましょう。

 

ある程度パスで感覚をつかんだら、今度は レシーブ・サーブ・スパイク・ブロック とあらゆる場面でも感覚をつかんでいきます。

しかし、動きが大きかったり複雑なプレー(サーブやスパイクなど)については、実際にタオルをのせなくてもOKです。

頭の上にタオルがのっているイメージを常に持ちながらおこないましょう。

どんなプレーでも、顔の位置が大きく動くことのないように意識してみてください。

 

 

体の軸が安定すると、プレーが見違えるようによくなります。

具体的には・・・

・無駄な動きがなくなり、全体的にプレーのすばやさがアップする

・ボールコントロール力がアップする

・力の入れ方がうまくなり、サーブやスパイクなどの威力がアップする

・空中でのバランス力がアップする

など、体の軸が安定するメリットはこんなにたくさんあるのです。

バレーボールにおいてはとっても重要な「体の軸」を安定させて、身体能力をグッと引き上げましょう!

ぜひ一度、試してみてくださいね。

 

関連記事

  1. 3人でやってみよう!対人パス練習

  2. 初心者におすすめ!集中力UPトレーニング

  3. 基本の次のステップはこれ!サーブ練習2選

  4. 【ウォーミングアップ】俊敏性がアップするメニュー3選

  5. ジャンプ力がアップするトレーニング2選

  6. 初心者のスパイク基礎練習法はコレ!

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 今回は、バレーボール部のマネージャーになりたての方へ向けて、マネージャーの心得を…
  2. 【続編】(大雨)災害の中にあってのバレーボールについて2メルバレの(加藤)で…
  3. こんにちは!川端健太です!前回のブログ記事は読んでもらえましたか?…

おすすめ記事

  1. バレーボール部マネージャーの2つの心得!
  2. Volleyで何ができるか、考える2
  3. ジャンプ力がアップする!チェックするタイプ別の身体の使い方

SNSでも情報配信中!
twitter
facebook

ページ上部へ戻る