menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. スパイクをコート奥に打つメリットとコツ
  2. 3人でやってみよう!対人パス練習
  3. Volleyで何ができるか、考える1
  4. スパイクが「かぶる」原因と改善方法
  5. 【レセプション】セッターへの返球が強くなる人の対処法
  6. 力強いサーブを打つためのコツ
  7. ジャンプ力がアップするトレーニング2選
  8. バレーボール用語「パンケーキ」って何?
  9. 【バレー】世界の動きも学ぶ1
  10. 【バレー】世界の動きも学ぶ2
閉じる

バレーボール強育塾

ボールを使った楽しいウォーミングアップ2選

 

とても暑い日が続くようになってきましたね。

まだ梅雨の真っ只中のようですが、今日なんかは本当に真夏のような暑さです・・・!

暑さに負けないよう、栄養たっぷりの食事をとり、休養もしっかりとっていきましょう。

 

そして、ここまでの暑さになってくると、練習中の熱中症にも気をつけなければなりません。

ウォーミングアップの段階でたくさん汗をかいてしまうと思いますが、まったくウォーミングアップをしないのは問題。

なぜなら、練習前のウォーミングアップには、心拍数を上げたり、筋肉や関節を動かしやすい状態にしたりと重要な目的があるからです。

今回は、ボールを使ったおすすめウォーミングアップメニューを2つご紹介したいと思います。

 

■ ボールキャッチダッシュ

走りながらボールをネットに当て、跳ね返ってきたボールをキャッチするウォーミングアップメニューです。

このウォーミングアップでは、心拍数を上げること・俊敏性の向上などを目的としています。

ボールを扱うメニューなのですが、単純な動きですので初心者でもすぐに取り入れられる手軽さがおすすめですよ。

 

~練習方法~

1.1人1つボールを持ち、エンドラインにスタンバイする

2.エンドラインからネットに向かってダッシュし、走り出したらすぐにボールをネットに引っかけるように投げる

3.跳ね返ってくるボールをキャッチし、そのままネット奥に走り抜ける

4.スタートと反対側のコートから、同様に1~3を繰り返す

※ 同時にスタートする人数を4人程度にしておき、選手同士がぶつからないように気をつけましょう。

 

■ オーバーパスダッシュ

走りながらオーバーパスをネットを越えるように上げ、ネットをくぐりボールをキャッチするウォーミングアップメニューです。

このウォーミングアップでは、オーバーパスのコントロール力と飛距離アップ・俊敏性の向上などを目的としています。

ある程度オーバーパスを遠くに飛ばすことができる段階で取り入れてみてください。

 

~練習方法~

1.1人1つボールを持ち、エンドラインにスタンバイする

2.エンドラインからネットに向かってダッシュし、走り出したらすぐにネットを超えるようなオーバーパスをできるだけ高く上げる

3.パスで上げたボールをネットをくぐってキャッチする

4.スタートと反対側のコートから、同様に1~3を繰り返す

※ ボールキャッチダッシュ同様、同時にスタートする人数を4人程度にしておきましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか。

ウォーミングアップメニューは、心拍数を上げられる・筋肉や関節を動かしやすくする という2点を押さえておけば、基本的にどんなものを取り入れてもOKだと考えています。

選手たちが楽しく取り組めることが最も大切だと思いますので、指導者はその点に重きを置いてメニューを考えましょう。

もう一度お伝えしておきますが、熱中症には十分に気をつけていただき、こまめな水分補給を欠かさず、バレーボールを楽しんでいきましょう!

 

関連記事

  1. 【ウォーミングアップ】俊敏性がアップするメニュー3選

  2. 自宅で今すぐ取り組めるバレーのオススメ自主練習2選

  3. メリークリスマス&今年の御礼「冬の講習会―福島白河編-」ともに

  4. 初心者におすすめ!集中力UPトレーニング

  5. ペアでやってみよう!コントロール力アップ練習

  6. スパイク動作のテイクオフについて

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 今回は、スパイクをコート奥に打つメリットとコツをご紹介したいと思います。…
  2. 今回は、3人体制でおこなうパス練習をご紹介したいと思います。これまで、1…
  3. 【特番】(大雨)災害の中にあってのバレーボールについてこんばんは。メ…

おすすめ記事

  1. スパイクをコート奥に打つメリットとコツ
  2. 3人でやってみよう!対人パス練習
  3. Volleyで何ができるか、考える1

SNSでも情報配信中!
twitter
facebook

ページ上部へ戻る