menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 3人でやってみよう!対人パス練習
  2. Volleyで何ができるか、考える1
  3. スパイクが「かぶる」原因と改善方法
  4. 【レセプション】セッターへの返球が強くなる人の対処法
  5. 力強いサーブを打つためのコツ
  6. ジャンプ力がアップするトレーニング2選
  7. バレーボール用語「パンケーキ」って何?
  8. 【バレー】世界の動きも学ぶ1
  9. 【バレー】世界の動きも学ぶ2
  10. パスが遠くに飛ばない原因と対処法
閉じる

バレーボール強育塾

超白熱!盛り上がる!ゲーム形式練習

 

今回は、1対1でも大人数でもワイワイ盛り上がれるゲーム形式練習をご紹介したいと思います。

盛り上がって楽しめるだけではありません!もちろん、技術力アップも目的としています。

楽しみながら取り組める練習は、選手の意欲もアップするので上達しやすくなります。

初心者でも取り組めるパスゲームから、中級・上級レベルの実戦的なミニゲームまで、盛りだくさんの内容でお届けします。

 

■ パスゲーム【初級】

パスに限定した対戦形式のゲーム練習です。

この練習はパスに特化しているため、パスそのものの精度がアップしたり、落下地点にすばやく入る意識ができるようになります。

 

~練習方法~

1.1対1で、ネットを挟んで向かい合う

2.ボールを持っている人は、相手のコートへ向かってネット上を越えるように大きな弧を描くイメージで投げる

3.受け手は、ボールをワンバウンドさせてから相手へ返るように大きなパスを送る

4.これを繰り返し、どちらかがミスをするまで続ける

5.何点までとった方が勝ちというルールを決めておき、勝敗を決める

 

★ワンポイントアドバイス

・コートの大きさは、レベルに合わせて調節してみてください。小さいコートでゲームをすることにより、正確にパスしようという意識が働き、コントロール力のアップも期待できます。

・パス練習ではなくゲーム練習ですので、相手が取りにくいボールを空いているスペースへ返すようにしましょう。実戦での対応力を身に付けます。

 

★大人数パスゲーム

チームの人数が多くても、みんなで取り組めるのがこのパスゲームのいいところ!

練習方法は、1対1の場合と特に大きく変わるところはありませんが、大人数の場合は1人1回ずつ打ったら交代という形になります。

ですので、打った後はすぐにはけるようにしましょう。

チームで協力して勝とう!とすることで、チームワークもアップしますよ。

 

■ ミニゲーム【中級・上級】

1対1でおこなう、実戦をイメージした対戦形式のゲーム練習です。

この練習では、実戦で役に立つネットプレーなどの実戦力を身に付けることができます。

 

~練習方法~

1.1対1で、コート半面・アタックライン内の小さなスペースを自分の陣地とし、ネットを挟んで向かい合う

2.スタートは、アタックラインより後ろの位置からサーブではじめる

3.レシーバーは、相手が取りにくいボールを空いているスペースへ返す(1人3回まで触ってOK)

4.これを繰り返し、どちらかがミスをするまで続ける

5.何点までとった方が勝ちというルールを決めておき、勝敗を決める

 

★ワンポイントアドバイス

・相手が取りにくいボールを返す意識でおこないましょう。こうすることにより、取りにくいボールに対する対応力と取りにくいボールを返せる力が身に付きます。

 

 

いかがでしたでしょうか。

楽しく盛り上がりながらも上達できるゲーム形式の練習は、積極的に取り入れていただきたいと思います!

 

関連記事

  1. 【レセプション】セッターへの返球が強くなる人の対処法

  2. スパイクの踏み込みについて

  3. 公開しちゃいます!:福島・白河ひがしクラブ講習会のメニュー

  4. 初心者向けのレシーブ練習メニュー2選

  5. 基本の次のステップはこれ!サーブ練習2選

  6. スパイクのスイングについて

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 今回は、3人体制でおこなうパス練習をご紹介したいと思います。これまで、1…
  2. 【特番】(大雨)災害の中にあってのバレーボールについてこんばんは。メ…
  3. 突然ですが、スパイクの場面で「かぶる」という言葉を耳にしたことはありませんか?…

おすすめ記事

  1. 3人でやってみよう!対人パス練習
  2. Volleyで何ができるか、考える1
  3. スパイクが「かぶる」原因と改善方法

SNSでも情報配信中!
twitter
facebook

ページ上部へ戻る