menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 3人でやってみよう!対人パス練習
  2. Volleyで何ができるか、考える1
  3. スパイクが「かぶる」原因と改善方法
  4. 【レセプション】セッターへの返球が強くなる人の対処法
  5. 力強いサーブを打つためのコツ
  6. ジャンプ力がアップするトレーニング2選
  7. バレーボール用語「パンケーキ」って何?
  8. 【バレー】世界の動きも学ぶ1
  9. 【バレー】世界の動きも学ぶ2
  10. パスが遠くに飛ばない原因と対処法
閉じる

バレーボール強育塾

サーブレシーブのポイント

 

サーブレシーブ
すこし今までお話したことを纏めます。

1.基本は、三角形にあり。
ルール=守備範囲を明確にすることで、判断をしやすくします。

2.レセプション(サーブレシーブ)の肝は、むずかしいボールに
手を出すな!です。スイートスポット(その練習した理想的な
フォームでボールを処理する姿勢=スイートスポットを支えるフォーム)
でレセプション(サーブレシーブ)する。

3.その安定したフォームから繰り出される(サーブレシーブ)は攻撃の第1歩である。
このレセプション(サーブレシーブ)のポイントを抑えるために三角形△や▽の形の陣形にプレーヤーを配置し、
前後、左右に動きの決め事=ルールを作って、非理想的なフォームにならない、
無理しない姿勢でもってレセプション(サーブレシーブ)すること。

 

これが「肝」です。
以上、お分かりいただけてますでしょうか?
来週からその理想的な形を作るための、
複数のプレーヤーの動きに関するルールづくり
(基準づくり)を説明していきます。

関連記事

  1. レシーブ技術「レセプション」と「ディグ」の違いとは?

  2. これで守備力アップ!飛び込みレシーブの方法

  3. 大感謝祭。今年もお付き合い有難うございました。2015年紅白締め…

  4. ここまでやっておこう!備えのレシーブ練習2選

  5. バレーボール用語「パンケーキ」って何?

  6. 反射神経がアップする!レシーブ練習

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 今回は、3人体制でおこなうパス練習をご紹介したいと思います。これまで、1…
  2. 【特番】(大雨)災害の中にあってのバレーボールについてこんばんは。メ…
  3. 突然ですが、スパイクの場面で「かぶる」という言葉を耳にしたことはありませんか?…

おすすめ記事

  1. 3人でやってみよう!対人パス練習
  2. Volleyで何ができるか、考える1
  3. スパイクが「かぶる」原因と改善方法

SNSでも情報配信中!
twitter
facebook

ページ上部へ戻る