menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【小学校全国大会】新しい発見と驚き
  2. 暑い夏を乗り切るアイデア
  3. 強みを生かすことの提言
  4. 「アタック」と「スパイク」について
  5. スパイクの「シフト-ヒット」について
  6. スパイクのテイクオフからサスペンションについて
  7. スパイク動作のテイクオフについて
  8. スパイクのスイングについて
  9. スパイクの踏み込みについて
  10. アタック・スパイク・攻撃
閉じる

バレーボール上達法:男子・女子の練習メニューを動画でも公開中

サーブレシーブのポイント

 

サーブレシーブ
すこし今までお話したことを纏めます。

1.基本は、三角形にあり。
ルール=守備範囲を明確にすることで、判断をしやすくします。

2.レセプション(サーブレシーブ)の肝は、むずかしいボールに
手を出すな!です。スイートスポット(その練習した理想的な
フォームでボールを処理する姿勢=スイートスポットを支えるフォーム)
でレセプション(サーブレシーブ)する。

3.その安定したフォームから繰り出される(サーブレシーブ)は攻撃の第1歩である。
このレセプション(サーブレシーブ)のポイントを抑えるために三角形△や▽の形の陣形にプレーヤーを配置し、
前後、左右に動きの決め事=ルールを作って、非理想的なフォームにならない、
無理しない姿勢でもってレセプション(サーブレシーブ)すること。

 

これが「肝」です。
以上、お分かりいただけてますでしょうか?
来週からその理想的な形を作るための、
複数のプレーヤーの動きに関するルールづくり
(基準づくり)を説明していきます。

関連記事

  1. サーブレシーブの形

  2. サーブレシーブの練習

  3. サーブレシーブの重要性

  4. アンダーハンドパスでありがちな指導法

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 小学校全国大会を初めて視察をしました。この日も35℃を超える猛暑日でしたが、コートの中、…
  2. こんにちは!今回は、この残暑の中の話題として、暑い夏を乗り切る、今までの長い経験から…
  3. こんにちは!今回は、先日お呼びもらいました山形県庄内・田川地区小・中・高合同男女バレーボ…

おすすめ記事

  1. 【小学校全国大会】新しい発見と驚き
  2. 暑い夏を乗り切るアイデア
  3. 強みを生かすことの提言
ページ上部へ戻る