サーブを予測する3つのコツ

サーブ

みなさんは、サーブカットが得意ですか?

私は、サーブカットがとても苦手でした…
その原因は、サーブがどこに飛んでくるのか予測できなかったからです。

しかし、サーブがどこに飛んでくるのかを予測できるようになってから、サーブカットが得意になりました。

私のように、どこにボールが飛んでくるのか分からないことが原因でサーブカットを苦手としている方がいらっしゃると思います。

そこで、今回は「サーブを予測するコツ」を3つご紹介します。

 

サーブを予測するコツ① 自分が動きやすい姿勢で構える

サーブが打たれる前に、自分が動きやすい姿勢で構えるようにしましょう。

どこにボールが飛んできても、自分が一番動きやすい姿勢です。

私の場合は、力んでしまうと動けなかったので、力を抜いて構えていました!

構え方の基本は、膝を軽く曲げた姿勢で、腕はオーバーでもアンダーでもどちらでもとりやすいところに少し上げて構えます。

 

サーブを予測するコツ② サーブをよく見てボールの正面に入る

サーブが打たれてからある程度ボールの正面に入っていないと、ボールを取ることができません。

ボールが来る前にある程度正面に入っていれば、ボールが来た時に少し正面から外れても、頑張れば腕の面でボールを取ることが出来ます。

そのために、サーブを打つ人の手元をよく見て、ボールから手が離れた瞬間どのコースにくるのか予測し、ボールの正面に入るようにしましょう。

 

サーブを予測するコツ③ 自分とコートの距離を覚える

エンドラインから身長半分ぐらい前に出て構えた時に、肩より上のボールが来たらアウトになります。

このように、サイドラインから何歩、エンドラインから何歩というように決めておけば、常に同じ状態でサーブカットができます。

どの会場に行ってもコートの大きさは同じです。

 

まとめ

今回は、「サーブを予測するコツ」をご紹介しました。

もう一度、内容をおさらいしておきましょう!

・自分が一番動きやすい姿勢で構える
・サーブをよく見て正面に入る
・自分とコートの距離を覚える

サーブカットが苦手な方でも、これらのことを意識しながら練習することで必ず上達します。

1球1球考えながら練習してみてください!


LINE友達登録で50%OFFクーポンプレゼント!

新しい時代で伸びる上達法!LINEで友達になると、短時間の練習で上級者の動きに変える、バレーボール上達DVDを半額で学んでいただけます

バレーボール強育塾がLINE公式アカウントを開設! 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、バレーボール強育塾で使えるクーポンをお渡しします! このクーポンを使うと…私たちが販売しているバレーボールDVDの中から、お好きなDVDおひとつを半額で手に入れていただけます。

LINE友達登録で、バレーボールDVD教材が50%OFF!

詳細はこちらをクリック!