menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. スパイクをコート奥に打つメリットとコツ
  2. 3人でやってみよう!対人パス練習
  3. Volleyで何ができるか、考える1
  4. スパイクが「かぶる」原因と改善方法
  5. 【レセプション】セッターへの返球が強くなる人の対処法
  6. 力強いサーブを打つためのコツ
  7. ジャンプ力がアップするトレーニング2選
  8. バレーボール用語「パンケーキ」って何?
  9. 【バレー】世界の動きも学ぶ1
  10. 【バレー】世界の動きも学ぶ2
閉じる

バレーボール強育塾

バレー初心者必見!アンダーハンドサーブ上達のコツ

 

サーブの中で、初心者の基本とも言えるアンダーハンドサーブ。

フローターサーブなどと比べて、コントロールやパワーがなくても距離を飛ばすことが出来ます。

初心者のサーブ練習では、まずアンダーハンドサーブから練習をはじめていきましょう。

ボールを当てる感覚をつかみやすいので、おすすめですよ。

今回は、アンダーハンドサーブのコツについてご紹介していきます。

 

■ ボールを打つ位置は「体より前」

ボールは、体より前で腕を伸ばして打ちましょう。

体の近くでボールを打ってしまうと、不自然なフォームになり肘が曲がります。

そうすると、力がボールにうまく伝わらなくなり、ボールは飛ばなくなってしまいます。

体全体の力を使って打てるのが、体より前の位置です。

まずは、自分自身が最も力を打ちやすい位置を練習の中で見つけてみてください。

 

■ トスは「ボールを離す感覚」

右手が来たタイミングでボールを離すというイメージでおこないましょう。

左手のトスを上に上げたりすることなく、持っている状態から離すだけでOKです。

トスを上に上げてしまうと、そのタイミングに右手を合わせなければいけなくなるため、思った位置にミートしにくくなります。

ボールのコントロールが難しくなるため、トスは上げないように注意しましょう。

そして、ボールの下の方を当てる意識ですくい上げるように打ちましょう。

 

■ 体重移動と腰の回転を使う

身体が前に移動するタイミングと同時に腰を回転させましょう。

このときのポイントは、「右足のつま先を回転させながら左足を大きく前に踏み込む」です。

よく、アンダーハンドサーブを打つときにその場から1歩も動かずに打とうとする人がいますが、体重移動と腰の回転がうまく使えていないとボールは飛びません。

力がある人も、力で飛ばせるから大丈夫!と思わず、体重移動と腰の回転をしっかり使って打つことを心掛けてください。

バレーボールには、体重移動と腰の回転を使う動きが多くあります。初心者のうちから身に付けておきましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか。

一見簡単そうなアンダーハンドサーブですが、知っておくと得をするコツはこのようにたくさんあります。

初心者のサーブ練習では、アンダーハンドサーブからスタートする場合が多いと思います。ご紹介したコツを頭において、実際の練習でも意識して取り組んでみてください。

サーブはとても大切な技術です。試合は、サーブが入らなければ始まりませんよね。まず、サーブを正しいフォームで打てるようになりましょう。

 

関連記事

  1. 押さえておきたいフローターサーブのコツ

  2. 1人でも出来る!初心者のサーブ練習メニュー2選

  3. サイドアウトとブレイクの確率を上げる方法

  4. 力強いサーブを打つためのコツ

  5. 破壊力抜群!ジャンプサーブを習得しよう

  6. こんなときはサーブミスに気をつけよう!

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 今回は、スパイクをコート奥に打つメリットとコツをご紹介したいと思います。…
  2. 今回は、3人体制でおこなうパス練習をご紹介したいと思います。これまで、1…
  3. 【特番】(大雨)災害の中にあってのバレーボールについてこんばんは。メ…

おすすめ記事

  1. スパイクをコート奥に打つメリットとコツ
  2. 3人でやってみよう!対人パス練習
  3. Volleyで何ができるか、考える1

SNSでも情報配信中!
twitter
facebook

ページ上部へ戻る