良いサーブを打つためのトスの上げ方のコツ

サーブ テクニック

今回は、「良いサーブを打つためのトスの上げ方のコツ」についてご紹介します。

サーブが入るか入らないか…
良いサーブが打てるか打てないか…

これらは、ほぼトスで決まります。
ですので、トスの上げ方は非常に重要になります。

あなたは、どのようなことを意識してサーブのトスを上げていますか?

私は、トスを毎回、同じ位置に上げることを意識していました!

トスが毎回違うと、サーブは必ず乱れてしまいます。
ですので、毎回安定したトスを上げられるようにしましょう。

今回は、「良いサーブを打つためのトスの上げ方のコツ」についてご紹介します。

コツ①自分の斜め45°にボール上げる

サーブのトスは、自分の斜め45°にボール上げるようにしましょう。

自分の真上にボールを高く上げてしまうと、一度顔を上げてからまた戻さないといけなくなってしまいます。

その結果、常に同じ位置にボールを上げられません。

また、真上にボールを上げてしまうと、打った時に力が入らず、ネットを超えないので、自分の斜め45°にボールを上げて力をボールに伝えるようにしましょう。

コツ②ボールを掴むくらい持つ

ボールを逆さまに持っても掴めるくらい、しっかり持つようにしましょう。

・指を閉じ過ぎている状態でボールを持つ
・指が反ってしまっている状態でボールを持つ

これらのことをしてしまうと、安定した状態でトスが上げられず、いろんな方向にボールが飛んでしまいます。
ですので、以上のようにならないように、注意してボールを持つようにしてください。

イメージとしては、ボールを渡された時の手の形が、一番安定してトスを上げられる手の形になります。

コツ➂ボールを置くイメージで上げる

トスを投げるというイメージをもっている方が多いと思いますが、実際は、ボールを自分が打ちたい位置に置くというイメージが良いです。

置くというイメージを持つことで、トスのぶれが少なくなり、安定したトスになります。

ですので、トスを投げるとイメージを持っていてトスが安定しない方は、「投げる→ その位置に置く」にイメージを変えてトスを出してみてください。

コツ④少し右側に上げる

トスを上げる時、真上や左側にボールを上げると体がぶれてしまうので、少しだけ右側にあげるようにしましょう。

身体のぶれがなくなり、サーブが打ちやすくなります。

まとめ

今回は、「良いサーブを打つためのトスの上げ方のコツ」についてご紹介しました。

・自分の斜め45°にボール上げる
・ボールを掴むくらい持つ
・ボールを置くイメージで上げる
・少し右側に上げる

これらのことを意識して、トスを上げるようにしましょう。

サーブは、試合の一番最初のプレーです。
サーブが入るか入らないかで、チームの雰囲気・流れが変わると思うので、自信を持ってサーブを打てるように練習しましょう。


LINE友達登録で人気DVDの半額クーポンプレゼント!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、人気講師“熊崎雅文”の「バレーボール指導革命~発想の逆転『弱者のバレー』」が半額になるクーポンをプレゼント!

友だち追加