menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. バレーボール部マネージャーの2つの心得!
  2. Volleyで何ができるか、考える2
  3. ジャンプ力がアップする!チェックするタイプ別の身体の使い方
  4. バレーボールで声を出すことが大切なワケ
  5. レシーブの範囲がグッと広がる筋肉の使い方とは?
  6. ブロックカバーの必要性と方法を知ろう
  7. スパイクをコート奥に打つメリットとコツ
  8. 3人でやってみよう!対人パス練習
  9. Volleyで何ができるか、考える1
  10. スパイクが「かぶる」原因と改善方法
閉じる

バレーボール強育塾

こんなときはサーブミスに気をつけよう!

 

サーブは、「確実に入れるサーブ」「攻撃の攻めるサーブ」を使い分けることが理想です。

そのためには、それぞれのサーブが打てる能力を身に付けておかなければなりません。

確実に入れるサーブも攻撃の攻めるサーブも、どちらにおいても常にミスをしないで打てるようにしておきましょう。

今回は、確実に入れるサーブの方に焦点を当て、サーブミスしてはいけない場面を一緒に確認していきたいと思います。

 

■ サービスエースが決まった後

サービスエースが決まると、その後どうしても少しのゆるみが生じてケアレスミスをしてしまうことが多くあります。

もう1本!と積極的に狙っていきたいところですが、流れを止めてしまわないよう確実に入れるサーブを打ち込んでいきましょう。

例えば、大きく点差が開いていたりと自分のチームがリードしている状況にある場合には、攻めるサーブを打っていってもよいかもしれません。

しかし、大切なことは、流れを止めてしまわないことです。

よいサーブが決まった後こそ、その後の1本に集中しましょう。

 

■ 相手チームがタイムアウトをとった後

タイムアウトは、基本的に自分のチームの流れが悪いときなどに取ります。

試合の流れが自分のチームに傾いている場合、相手はタイムアウトを要求してくるでしょう。

つまり、よい流れを切ってやりたいという相手チームの思いがあります。

ですので、その後のサーブは、そういった相手からのプレッシャーがかかった状態で打たなければなりません。

相手の思い通りにならないためにも、タイムアウト後の1本目のサーブは確実に入れていきましょう。

 

~オススメの確実に入れるサーブ「ジャンプフローターサーブ」~
 
フローターサーブとは、コンパクトなスイング・助走なし・トスは低め といった、コントロールしやすいサーブ。
このサーブにジャンプを付けてより高い打点から打ち込めるのが「ジャンプフローターサーブ」。
相手にとって非常にレシーブしにくいサーブになるので、ぜひトライしてみましょう!

 

いかがでしたでしょうか?

今回お伝えした場面などでは焦りが生じてしまいがちですが、サーブは焦らず1本1本集中して打ち込んでいけば必ず入ります。

あまりコートの向こう側の相手のことを考えすぎず、自分でタイミングをとって落ち着いた状態で打つようにしましょう。

基本的なことですが、改めて今回お伝えした内容を押さえておいてくださいね。

 

関連記事

  1. サイドアウトとブレイクの確率を上げる方法

  2. やりました全日本男子、南部ジャパン!

  3. 力強いサーブを打つためのコツ

  4. 1人でも出来る!初心者のサーブ練習メニュー2選

  5. スイングフォームはボール投げでつくる【初心者向け】

  6. 押さえておきたいフローターサーブのコツ

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 今回は、バレーボール部のマネージャーになりたての方へ向けて、マネージャーの心得を…
  2. 【続編】(大雨)災害の中にあってのバレーボールについて2メルバレの(加藤)で…
  3. こんにちは!川端健太です!前回のブログ記事は読んでもらえましたか?…

おすすめ記事

  1. バレーボール部マネージャーの2つの心得!
  2. Volleyで何ができるか、考える2
  3. ジャンプ力がアップする!チェックするタイプ別の身体の使い方

SNSでも情報配信中!
twitter
facebook

ページ上部へ戻る