menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ゲームを有利に進めるためのサーブ
  2. アンダーハンドパスでありがちな指導法
  3. セッター論 その4
  4. セッター論 その3
  5. セッター論 その2
  6. セッター論 その1
  7. サーブレシーブの練習
  8. セッターの指導法
  9. 画期的なブロック練習法
  10. サーブレシーブのポイント
閉じる

バレーボール上達法:男子・女子の練習メニューを動画でも公開中

セッター論 その1

○「セッターがいま一つ」について。

「指導者・コーチのお悩み、セッターについて」
「セッターがいま一つ」

いわゆる曖昧語。どういま一つなのか、原因を探ります。

今週もGo!

実施した観察、インタビューそして練習を行なって見えてきた事。

 

それは、
安定した(トスの)フォーム作りを阻害する固定概念だった!

今までこの方法でやってきたからは、理屈よりも強し。
本筋に切れ込む前に、前置きです。
まずは、セッターの役割を見ておきましょう。

味方からのパス、レセプション(及び、サーブレシーブ)の
返球からスパイクに移行するまでのお膳立てをする役割。
トスを上げる事を担うポジション。専門職。

それは通常オーバーパスアクションで行なわれ、時として
アンダーパスアクションでも行なわれます。
どうでしょうか?でも、

む、む、む、少し足らないなぁ~。

考えてみればトスを上げるという行為はチームの内向的な行為です。
自らのコートのボールの回し(レセプション(サーブレシーブ)、
ディグ⇒トス⇒スパイク)の2番目のプレイです。

だから安定したトスをスパイカーに供給し続けること。が
一般的な見方、チームファーストが基本です。
さて、ここで別角度から、セッターと言われる所以は
何なのか考えてみます。

同じ形、やり方をしているオーバーパス(アクション)と
トスは何が違うのでしょうか?
確かに安定したトスを供給することは、セッターの第一義ですが、
加えて、(戦略的な思考をもって)トスをスパイカーに向けて
発信し、その攻撃が自チームのポイントとなるか、もしくは
相手にとっての有効打(相手にとってそのボールをディフェンス
することが上手くできず、カウンター攻撃(反撃)が出来ない状況)
となるお膳立てを行なう役割を持ちます。

 

簡単にいうと相手ブロッカーとディフェンスを撹乱して、
自チームの攻撃をスムーズに行なえるようにボールを(意図的に)
中継する役目。(加藤)私案。ですからセッターには、
(相手防衛ラインを撹乱する)戦略眼があることが必要。
つまり、単に意図ない、もしくは意図されない、もしくは
意図されていても戦略性が少ないオーバーパスではなく、
相手を翻弄することができるように、相手の陣形、
態勢について観察・分析してより効果的なトスを上げること
=セットアップをおこなうのがセッターだと思うのです。
(セッターの語源かもしれません。)

 

※セットアップ(Set Up)ゴールのお膳立てをすること
(サッカー用語?)と辞書に載っていました。

なるほど。とてもグッドな解釈です。
セッターの機能とは相手とのせめぎ合いをしながら、
味方にスパイクしやすくかつポイントか有効打
(ポイントにならないが、チャンスボールが返ってくるとかで、
自チームにアドバンテージとなること)となる、トスを
供給することではないでしょうか。
単に相手を意識せずにトスをするのはセッターの所作に非ず。
常に自チームが有利になるような戦略的パフォーマンスに
することそれがセッターと思うのです。

※この定義から言うと相手のことを考えずにトス練習をしますが、
それは真のトス練習ではないかもしれません。
さて、先のトピックス、
「安定した(トスの)フォーム作りを阻害する固定概念だった!」
この合宿のコーチングで私が意識したその「フォーム」とは、
相手(のブロック、ディフェンス)の動向を察知する”スパイアイ”
+相手を幻惑する、ギャンブルを仕掛けるようなマインドが
大前提となったフォームの事です。

これがトスを合理的に上げられる姿勢、身構えそして、ボールを
トスとして放出するための動き=(一連の)フォーム。そこが
肝となります。ですから、

相手に読まれるフォームではダメ!

関連記事

  1. セッターの指導法

  2. セッター論 その4

  3. セッター論 その2

  4. セッター論 その3

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 女子の試合から、そのTV観戦した女子のゲーム「久光製薬VS東レ」の試合についての感想となります。…
  2. アンダーパスやレシーブで腕を振ってしまう選手。バレーボール初級者によくある「悪いクセ」で…
  3. 「両手に生卵を軽く握り、双眼鏡のように親指と人差し指で輪かを作ったような形で左手の双眼鏡から右目…

おすすめ記事

  1. ゲームを有利に進めるためのサーブ
  2. アンダーハンドパスでありがちな指導法
  3. セッター論 その4
ページ上部へ戻る