menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ゲームを有利に進めるためのサーブ
  2. アンダーハンドパスでありがちな指導法
  3. セッター論 その4
  4. セッター論 その3
  5. セッター論 その2
  6. セッター論 その1
  7. サーブレシーブの練習
  8. セッターの指導法
  9. 画期的なブロック練習法
  10. サーブレシーブのポイント
閉じる

バレーボール上達法:男子・女子の練習メニューを動画でも公開中

セッター論 その3

「セッターがいま一つ」

「安定した(トスの)フォーム作りを阻害するのは、
固定概念だった!」
さてそのコーチをしたセッターさん、トスが安定しない
ということでどんな状態だったかというと、

1、セッティングポイントを推測し、正確に素早く移動する、
ことがいまひとつ。

遅かったり、潜り込んだとしても不適切な位置に間違って
行ってしまう。
2、右目の上部で下半身と地面からの力を受けながら、
同時にボールキャッチ(フォールド)&リリース=F&R
(※キャッチはルールブックで反則となる用語となっています。
以前のフォールディングがキャッチボールとなっています。)
ですから、フォールド(指、手のひらで)=包むを今より使用します。)
を行なう。そのF&Rの動作に入る前の手の構え(フォーム)、
手のひらが天井に向いてしまう。
3、右目の上部でなく、顎の上部にてF&Rを行なっている。
がありました。

1、の動作が不確実だと常に違ったフォーム、
2、に繋がるのですが、F&Rの位置がずれてしまい安定した
トスの供給ができなくなります。

それに3、のF&Rが顎の上で、が加わるとその不安定要因に
拍車をかけてしまいます。
皆さんはお分かりでしょうが、安定した動作、上手な動き
というのは常に一定で、合理的な動作から生まれます。
それは機能的な美しさを伴います。しかしこのセッターさんは
いつもそのフォームがばらばらなので。その美しさを
感じることはありませんでした。
一つ目の改善ポイントは、機能美を身に付けること。
さて、2、の「F&Rの動作に入る前の手の構え(フォーム)、
手のひらが天井に向いてしまう」。に言及します。

手のひらが天井に向いている=相手に手のひらの方向を
見られていることになります。それはリスクがあります。

ボールの接地面は、相手にとってボールの行方を見極める
ことができるリスクを伴った危険部分(リスクポイント)なのです。
オーバーパスアクションでは手のひらがそのリスクポイントになります。
そのリスクポイントを長い時間見せる、いや、見せびらかすような
フォームをしているそのセッターさんは常に相手に読まれる情報を
発信してしまっていることになります。
スポーツとはある一定のルールの下に、身体活動で勝ち負けを
競い合うものです。ですから、相手に先んじなければなりません。
その工夫をすることが鍛錬であり、練習です。その際に注意すべきは、
相手に悟られるような動きは禁物だということです。
こう論じていると、フォール&リリースをする直前の手の構えは
手のひらが相手に見えないようにすること。両手の手の平が
天井に向いた状態では、相手ブロッカーにフォールド&リリース
されてトスになって出るボールの行方を指し示すものとなりませんか?

さて、そこで2番目の改善ポイントが出てきます。

関連記事

  1. セッターの指導法

  2. セッター論 その2

  3. セッター論 その1

  4. セッター論 その4

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 女子の試合から、そのTV観戦した女子のゲーム「久光製薬VS東レ」の試合についての感想となります。…
  2. アンダーパスやレシーブで腕を振ってしまう選手。バレーボール初級者によくある「悪いクセ」で…
  3. 「両手に生卵を軽く握り、双眼鏡のように親指と人差し指で輪かを作ったような形で左手の双眼鏡から右目…

おすすめ記事

  1. ゲームを有利に進めるためのサーブ
  2. アンダーハンドパスでありがちな指導法
  3. セッター論 その4
ページ上部へ戻る