menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. スパイクをコート奥に打つメリットとコツ
  2. 3人でやってみよう!対人パス練習
  3. Volleyで何ができるか、考える1
  4. スパイクが「かぶる」原因と改善方法
  5. 【レセプション】セッターへの返球が強くなる人の対処法
  6. 力強いサーブを打つためのコツ
  7. ジャンプ力がアップするトレーニング2選
  8. バレーボール用語「パンケーキ」って何?
  9. 【バレー】世界の動きも学ぶ1
  10. 【バレー】世界の動きも学ぶ2
閉じる

バレーボール強育塾

【セッター】相手の隙をつくツーアタック

 

セッター唯一の攻撃方法であるツーアタックは、必ず身に付けておきたいテクニックです。

相手の隙をつく攻撃であるため、スパイクのような頻度では繰り出せないテクニックにはなりますが、状況を見極める力がついていればスマートに得点を決めることができます。

普段から直接的に得点には関わることのないセッターですが、ツーアタックをマスターして攻めのセッターを目指しましょう!

今回は、相手の隙をつく攻撃 ツーアタックの方法とコツをお伝えしたいと思います。

 

■ ツーアタックの方法

ジャンプトスでトスを上げる体勢に入ったら、ネットと反対側の手でボールを相手のコートへ落とします。これが基本的なツーアタックです。

このとき、手首のスナップをきかせてすばやくボールを落とす意識でおこないましょう。

また、すばやくボールと落とすと言っても、ボールを強く叩くようにしてはいけません。

レシーブの勢いをそのまま利用してタッチして落とすイメージがよいですよ。

ボールがふわっと浮いてしまうと、相手のレシーブが追いついてしまう可能性も高くなるため、決定率が下がってしまいますので注意しましょう。

 

~番外編~ バックトス×ツーアタック
 
その名のとおり、ツーアタックをバックトスでおこなうテクニックです。
 
基本のツーアタックと同様に、ジャンプトスでトスを上げる体勢に入ったらそのままバックトスで相手のコートへボールを落とします。
 
両手でおこなうものなので、初心者の方は取り組みやすいテクニックですよ。
 
ただ、両手となると、基本的な片手のツーアタックよりもスピード感は落ちてしまうため、よりすばやく落とすことを意識しなくてはなりません。
 
このように、ツーアタックにもバリエーションがまだまだありますので徐々に増やしていけるようにしましょう。

 

■ まとめ

ツーアタックは、繰り出す頻度が多くなりすぎてしまうと相手のブロッカーも対応が追いついてきたり、うまくタイミングが合わなければ相手にレシーブされてしまうので、何度も繰り返し練習をおこなうことが大切です。

反対に、頻度やタイミングのコツをつかめば、相手のブロッカーにツーアタックを意識させることができ、味方のスパイクが決まりやすくなります。

つまり、自分のチームの攻撃力が上がるということにもつながりますので、ツーアタックのテクニックは習得しておきましょう。

 

関連記事

  1. 8(戦略的)セッター考

  2. 祝 五輪出場、全日本女子! 五輪最終予選兼アジア大陸予選(OQT…

  3. (戦略的)セッターを考える!3

  4. セッター論 その1

  5. (戦略的)セッターを考える!2

  6. 【セッター】トスの基本とポイント

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 今回は、スパイクをコート奥に打つメリットとコツをご紹介したいと思います。…
  2. 今回は、3人体制でおこなうパス練習をご紹介したいと思います。これまで、1…
  3. 【特番】(大雨)災害の中にあってのバレーボールについてこんばんは。メ…

おすすめ記事

  1. スパイクをコート奥に打つメリットとコツ
  2. 3人でやってみよう!対人パス練習
  3. Volleyで何ができるか、考える1

SNSでも情報配信中!
twitter
facebook

ページ上部へ戻る