menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ゲームを有利に進めるためのサーブ
  2. アンダーハンドパスでありがちな指導法
  3. セッター論 その4
  4. セッター論 その3
  5. セッター論 その2
  6. セッター論 その1
  7. サーブレシーブの練習
  8. セッターの指導法
  9. 画期的なブロック練習法
  10. サーブレシーブのポイント
閉じる

バレーボール上達法:男子・女子の練習メニューを動画でも公開中

スパイクで得点を取るための考え方

「高さとパワー」この日本人にとっての大きな課題は

今も残っている結果となったこと、そして、

パラリンピックのシッティングバレーボールでも同様の

起こっていることです。

 

そして、これがナショナルチームに限った課題ではなく、

通常の私たちの試合でも強敵が現れたときにはいつも

この課題に直面するわけです。それはチームの

「進化における、実力の壁」と言えるものです。

 

 

そこで、一つの提案をしました。同じ進化過程においては、

「弱」は「強」にはなり得ない。弱肉強食そのままです。

しかし、違う進化を遂げるように仕向ければどうだろうか?

その提案が定石を崩すことでした。

 

 

<<『ブロックの後ろには守備を引かずに、ブロックを

避けてきたスパイクボールのコースに入り、強打を

レシーブする。ブロックの後ろはソフトアタック_フェイント、

オフショット(スパイクの要領で、軽く、短く相手のコートに

落とすプレイ)か、ワンタッチで飛ばされた(長い足の)

ボールを狙う』。

 

この定石、「高さとパワー」にすぐれる相手の攻撃を

防御するには、これを崩すことが必要。世界を相手にすると

その定石の想定外が事象として起こってくる。>>

こう主張を続けました。

 

 

手短に言うと「アイデア勝ち」をしようということです。

人が考えない奇想天外なことを編み出すということ、

これが強い相手と伍する時には、大切なのではないかと

思うのです。

 

 

ですから、これからも世界の「パワーと高さ」に対抗する全日本、

ジャパンに必要な戦略は、「守り勝つ」ことではなく、

「攻め勝つ」のでなければならいと思うわけです。

 

どうやって?

そう、真逆の「攻め勝つ」を戦略の基本に据えるということです。

得点できるパターンは、

1.相手のコートにボールを落とす。

2.相手が3回以内の接触でボールを返球できないように仕向ける。

3.相手がミスをする。(ように仕向ける。)この3パターンで

点数が取れます。

 

自分が強者で相手が弱者であると1.が効果的ですが、少々相手の

実力が上になり自分が弱者、相手が強者となった場合には1.から

2.もしくは3.に狙いを定める必要があります。

 

なぜなら、強者のブロックは強い(「高さとパワー」が象徴される部分)

からです。

 

 

守り勝つことは、当然できることとしなければなりません。

これがメインの戦略ではありません。そして、その後のことについて

作戦、戦術化しなければならないと思います。

 

ですから、重点は「守りより攻め」なのです。如何でしょうか?

 

 

東京五輪開催地である日本は、今後、このような発想の転換が

必要になると思います。

関連記事

  1. スパイク助走の基礎

  2. スパイク 助走

    スパイクの助走で意識するポイント

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 女子の試合から、そのTV観戦した女子のゲーム「久光製薬VS東レ」の試合についての感想となります。…
  2. アンダーパスやレシーブで腕を振ってしまう選手。バレーボール初級者によくある「悪いクセ」で…
  3. 「両手に生卵を軽く握り、双眼鏡のように親指と人差し指で輪かを作ったような形で左手の双眼鏡から右目…

おすすめ記事

  1. ゲームを有利に進めるためのサーブ
  2. アンダーハンドパスでありがちな指導法
  3. セッター論 その4
ページ上部へ戻る