menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 3人でやってみよう!対人パス練習
  2. Volleyで何ができるか、考える1
  3. スパイクが「かぶる」原因と改善方法
  4. 【レセプション】セッターへの返球が強くなる人の対処法
  5. 力強いサーブを打つためのコツ
  6. ジャンプ力がアップするトレーニング2選
  7. バレーボール用語「パンケーキ」って何?
  8. 【バレー】世界の動きも学ぶ1
  9. 【バレー】世界の動きも学ぶ2
  10. パスが遠くに飛ばない原因と対処法
閉じる

バレーボール強育塾

誰でも出来る!スパイクの打点が3cmアップする方法

「あともう少しスパイクの打点が上がれば・・・」

 

あなたは、こんなことを思った経験はありませんか?

今回は「スパイクの打点が3cmアップする方法」をご紹介します。

実は、“左肩を下げて打つ”だけでスパイクの打点は簡単に上がるんです。

ぜひ、今からご紹介する方法を試してみてください。

 

■ 打点アップ法「左肩を下げて打つ」

バレーボールのスパイクにおいては、「左肩を下げないように打つ」と教えられるのが一般的です。

しかし、バレーボールのスパイクに近い動作のあるスポーツ(テニス・バドミントン・野球など)を想像してみてください。スマッシュ・スローイングなどの動作は、左肩が下がっていますよね。

よって、「左肩を下げるな」と教えているのはバレーボール界だけなんです。

 

そのとおり習ってきた方の多くは、左肩を下げてはいけない理由として「バランスが崩れるから」と言います。

しかし、そこが落とし穴で… 「左肩を下げると身体の軸がブレる」という認識こそが、実は大きな間違いだったんです。

左肩を下げる動きと身体の軸がブレる状態は、まったく異なります。

つまり、身体の軸がまっすぐな状態で左肩を下げるのはOKだということ。(バランスが崩れていないから!)

 

実践方法は、とても簡単です。

まず、右手を挙げて、身体の軸をまっすぐに保ったまま左肩を真下に落としてみてください。

すると、身体の構造上、自然と右手は上がりますよね。

この感覚を身体に覚えこませ、スパイク練習の際に意識してみてください。

 

少しでも打点が上がれば、スパイク決定率も上がり、あなたのスパイクに磨きがかかります。

ぜひ、この方法を実践していただき、打点を3cmアップさせてみてくださいね。

 

関連記事

  1. さらにジャンプ力を上げる!スパイクで押さえるべき2つのポイント

  2. 勢いのあるバックアタックを打つコツ

  3. Vプレミア初優勝JTの強さ2!&モロモロ、」その他

  4. スパイクを力強く打つスイングの秘訣

  5. スパイクの踏み込みについて

  6. 強みを生かすことの提言

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 今回は、3人体制でおこなうパス練習をご紹介したいと思います。これまで、1…
  2. 【特番】(大雨)災害の中にあってのバレーボールについてこんばんは。メ…
  3. 突然ですが、スパイクの場面で「かぶる」という言葉を耳にしたことはありませんか?…

おすすめ記事

  1. 3人でやってみよう!対人パス練習
  2. Volleyで何ができるか、考える1
  3. スパイクが「かぶる」原因と改善方法

SNSでも情報配信中!
twitter
facebook

ページ上部へ戻る