menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. いろんなスパイクを打てるようになろう!
  2. 破壊力抜群!ジャンプサーブを習得しよう
  3. これで守備力アップ!飛び込みレシーブの方法
  4. サーブは○○を狙って打て!
  5. ボールを止めるだけじゃない!ブロックの役割
  6. 【指導者必見】試合で悪い流れを断ち切る方法
  7. 基本の次のステップはこれ!サーブ練習2選
  8. ここまでやっておこう!備えのレシーブ練習2選
  9. 【指導者向け】選手がバレーボールを楽しむことの大切さ
  10. スパイクはブロックを意識して打て!
閉じる

バレーボール弱者強育塾

試合で得点できる!アタックのコツ

 

試合で勝ち進んでいくためには、スパイクはもちろん、さまざまなアタックを打てる力を身に付けておきたいですよね。

さらに、バレーボールにおける攻撃(アタック)では、打ち方ひとつで攻撃力が格段にアップします。

今回は、得点につながるアタックのコツをご紹介していきたいと思います。

 

■ コースの打ち分けを習得せよ!

スパイクでコースを打ち分けるということは意識できていますか?

得点を重ねていく上では、打ち分けの技術は必須とも言えます。

まず、ストレート・クロス・インナー(アタックライン際)という3つのコースを打ち分けられるようになりましょう。

3つのコースを打ち分けられるようになったら、今度はその精度を高めていきます。

ストレートであれば、ライン際。クロスであればより奥の方。インナーであれば、アタックラインより内側。

ここまで打ち分けられる力を身に付けることができれば、試合でも臨機応変に対応してスパイクを決めきれることができるでしょう。

 

■ フェイントを習得せよ!

スパイク以外のアタックでは、必ず身に付けておきたいのがフェイント

スパイクを打つと見せかけ、ボールに触れる直前で体の力を脱力させ、手首を返すようにして相手コートに落とすというプレーです。

このとき狙う場所は、相手コートの空いている部分・ブロッカーのすぐ後ろあたりを意識します。

特にフェイントは、ラリーが続いているタイミングでおこなうのがよいでしょう。

一気に相手の油断を誘うことができ、緩急をつけたいときにフェイントはもってこいです。

さらに、フェイントにも、ふわっと落とすものから強めに押し込むプッシュなどさまざまな形がありますので、ぜひ習得してください。

 

■ さまざまなアタックを習得せよ!

アタックと言っても、種類がたくさんあります。

バレーボールにはそれぞれポジションがあり、「ミドルブロッカーであればクイックは必須技術」などというように、ポジションごとに磨いておくべき技術が存在します。

しかし、あまりポジションにとらわれすぎることなく、アタッカーの特徴を活かせる攻撃を身に付けておくのがよいでしょう。

 

 

このように、コースの打ち分けができたり、フェイントのようなアタックができると、試合で勝つ力がさらに身に付きます。

また、アタック体制に入ったときに、相手の状況に応じて攻撃を切り替えることも可能になります。

個々の攻撃力を上げることがチーム力アップにも結果的につながるので、今回の内容をぜひ覚えておいてくださいね。

 

関連記事

  1. -グランドチャンピオンズカップ2013-

  2. スパイク助走の基礎

  3. 今一度振り返る。 五輪最終予選兼アジア大陸予選(OQT)の結果

  4. スパイクで得点を取るための考え方

  5. Vプレミア初優勝JTの強さ2!&モロモロ、」その他

  6. スパイク 助走

    スパイクの助走で意識するポイント

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 今回は、スパイクに焦点を当てて、いろんな種類のスパイクを紹介したいと思います。…
  2. 今回は、ある程度サーブ技術が身に付いてきたときにチャレンジしたいジャンプサーブの…
  3. 走ってもレシーブが追いつきそうにない… そんなときには、思い切り飛び込んでレシー…

おすすめ記事

  1. いろんなスパイクを打てるようになろう!
  2. 破壊力抜群!ジャンプサーブを習得しよう
  3. これで守備力アップ!飛び込みレシーブの方法

SNSでも情報配信中!
twitter
facebook

ページ上部へ戻る