試合で得点できる!アタックのコツ

スパイク テクニック

 

試合で勝ち進んでいくためには、スパイクはもちろん、さまざまなアタックを打てる力を身に付けておきたいですよね。

さらに、バレーボールにおける攻撃(アタック)では、打ち方ひとつで攻撃力が格段にアップします。

今回は、得点につながるアタックのコツをご紹介していきたいと思います。

 

■ コースの打ち分けを習得せよ!

スパイクでコースを打ち分けるということは意識できていますか?

得点を重ねていく上では、打ち分けの技術は必須とも言えます。

まず、ストレート・クロス・インナー(アタックライン際)という3つのコースを打ち分けられるようになりましょう。

3つのコースを打ち分けられるようになったら、今度はその精度を高めていきます。

ストレートであれば、ライン際。クロスであればより奥の方。インナーであれば、アタックラインより内側。

ここまで打ち分けられる力を身に付けることができれば、試合でも臨機応変に対応してスパイクを決めきれることができるでしょう。

 

■ フェイントを習得せよ!

スパイク以外のアタックでは、必ず身に付けておきたいのがフェイント

スパイクを打つと見せかけ、ボールに触れる直前で体の力を脱力させ、手首を返すようにして相手コートに落とすというプレーです。

このとき狙う場所は、相手コートの空いている部分・ブロッカーのすぐ後ろあたりを意識します。

特にフェイントは、ラリーが続いているタイミングでおこなうのがよいでしょう。

一気に相手の油断を誘うことができ、緩急をつけたいときにフェイントはもってこいです。

さらに、フェイントにも、ふわっと落とすものから強めに押し込むプッシュなどさまざまな形がありますので、ぜひ習得してください。

 

■ さまざまなアタックを習得せよ!

アタックと言っても、種類がたくさんあります。

バレーボールにはそれぞれポジションがあり、「ミドルブロッカーであればクイックは必須技術」などというように、ポジションごとに磨いておくべき技術が存在します。

しかし、あまりポジションにとらわれすぎることなく、アタッカーの特徴を活かせる攻撃を身に付けておくのがよいでしょう。

 

 

このように、コースの打ち分けができたり、フェイントのようなアタックができると、試合で勝つ力がさらに身に付きます。

また、アタック体制に入ったときに、相手の状況に応じて攻撃を切り替えることも可能になります。

個々の攻撃力を上げることがチーム力アップにも結果的につながるので、今回の内容をぜひ覚えておいてくださいね。