menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ゲームを有利に進めるためのサーブ
  2. アンダーハンドパスでありがちな指導法
  3. セッター論 その4
  4. セッター論 その3
  5. セッター論 その2
  6. セッター論 その1
  7. サーブレシーブの練習
  8. セッターの指導法
  9. 画期的なブロック練習法
  10. サーブレシーブのポイント
閉じる

バレーボール上達法:男子・女子の練習メニューを動画でも公開中

レシーブシステムの定石を見直す必要性

「拾って守り勝つ」

敗戦した相手にはそれ以上の攻撃力があり、
その防衛陣を突破されてしまう場面が多々あります。

 

また折角、拾ったけども攻撃に繋がらなかったし、
繋がったとしても決定打とならなかった、のです。
東京五輪、自国開催で国を挙げての大フィーバーに
なろうと想定される中、どうしたら、「高さ(または、大きさ、
重さ)とパワー」に対抗していけるでしょうか?

 

体格に劣るという民族的な属性をもつ日本人の永遠の課題です。
しかし、しかしです、直近のリオ五輪で、その糸口となる戦法、
戦術を取っていた他競技がいくつか見られました。その代表各が
バドミントンとシンクロナイズドスイミングです。
バドミントンにおいては、「タカ・マツ」ペアが最終セットの
大劣勢から5ポイント連取して大逆転で金メダルを決めました。
これはすごい快挙です。(とても感動しました。)

 

相手は170cmを越ええる大型選手のペア。
ここでその「高さ、パワー」の問題にぶち当たっています。が、
彼女らはそれを乗り越えました」。

 

「高さ・パワー」どの競技も世界で勝ち抜くための工夫が
バドミントン、シンクロナイズドスイミングではなされて
その効果が出ていたということです。
さて、ここではもう少しテクニカルなバレーボールの戦法、
ディフェンスシステムについての考察です。高さのある相手と
対戦する場合の守備網(ディフェンスシステム)の引き方を
考えなければなりません。

 

それは、ブロックの上から打たれたボールをどうディグ_レシーブ
するのか。通常のトータルディフェンス(要するに相手を罠にかけて
結果ボールをレシーブしてしまう。)の常識を崩す必要があります。
こんな防御の定石があります。
『ブロックの後ろには守備を引かずに、ブロックを避けてきた
スパイクボールのコースに入り、強打をレシーブする。

 

そのブロックの後ろはソフトアタック_フェイント、オフショット
(スパイクの一種で、軽く、短く相手のコートのスペース=人のいない
ところに落とすスキル)もしくは、ワンタッチで飛ばされたボールを狙う』。

 

「高さとパワー」に優れる相手の攻撃を防御するには、この定石を
崩すことが必要ではないかと?!すなわち、ブロックの後ろ(影の部分)
にも強打_ブロックを避けてくるボールよりは、ブロック越えする
足の長いスパイクを拾うシフトを配置する考え方です。
(相手に攻撃を決められる時というのは、想定外のボールが出てきた
ときです。ですから、想定していたディフェンのシステムを崩す必要が
あります。)
リオ五輪において、相手がハイセット(速攻コンビネーションが崩れ、
高いトス=2段トスになった場合等)の攻撃になった場合、
日本が3枚ブロックで対抗していた場面がありました。

 

しかし、その強力であろうブロック陣を揃えたにもかかわらずスパイクを
決められていた場面に多々遭遇しました。
その時に従来の定石を捨てて、新しいシフトを導入すべきだと感じたのでした。

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 女子の試合から、そのTV観戦した女子のゲーム「久光製薬VS東レ」の試合についての感想となります。…
  2. アンダーパスやレシーブで腕を振ってしまう選手。バレーボール初級者によくある「悪いクセ」で…
  3. 「両手に生卵を軽く握り、双眼鏡のように親指と人差し指で輪かを作ったような形で左手の双眼鏡から右目…

おすすめ記事

  1. ゲームを有利に進めるためのサーブ
  2. アンダーハンドパスでありがちな指導法
  3. セッター論 その4
ページ上部へ戻る