サーブをした後に確認するべきポイントを一挙紹介!3つのポイントに注目!

サーブ 戦術 林 みろ吉

「サーブが安定しない」

「どのような点を意識すればよいのか…」

「サーブをした後に確認するべきポイントを知りたい!」

上記のような悩みや不安を抱えている方がいるのではないでしょうか。

サーバーの中には、サーブが安定せずに悩んでいる方もいるはずです。

また、サーブをした後にどのような動きをするべきなのか迷うこともあるでしょう。

サーバーは、サーブの前後の動きが大事になります。

自らの動きや周囲の状況を把握することで、技術の上達に繋がるでしょう。

今回の記事では、サーブをした後に確認するべきポイントを一挙紹介します。

この記事を読み終わった人は、サーブやプレーの質が向上するでしょう。

サーブをした後に確認するべきポイント

サーブをした後に確認するべきポイントとしては、「サーブをした後の位置」・「相手選手の守備位置」・「自らのポジション」の3つがあります。

サーバーは3つのポイントを意識した上で、プレーをしてください。

ポイント①:サーブをした後の位置

1つ目はサーブをした後の位置です。

なぜなら、毎回位置が違うと安定したサーブをできていないからです。

また、打った後の位置がエンドラインに近いと反則を取られるリスクがあります。

例えば、サーブを打った後の位置がエンドラインから離れている場合、力の入れ方や打点を変えなければ、威力が伝わりにくくなります。

さらに、ボールの軌道が変わり、ネットに接触しやすくなってしまい、失点に繋がることもあるでしょう。

サーバーは毎回サーブをする位置や打った後の位置を確認し、安定したプレーを心がけましょう。

ポイント②:相手選手の守備位置

2つ目は相手選手の守備位置です。

なぜなら、相手選手のプレーの癖や隙が見つかるからです。

また、選手同士が上手く連携を取れているのかわかります。

例えば、サーブをする前後の守備位置を確認した場合、相手選手の動きがわかり、攻撃できるポイントが見つかる可能性があります。

さらに、守備の弱点が発見でき、得点を取りやすくなるでしょう。

サーバーは相手選手の守備位置を確認し、有効な攻撃ができるポイントを見つけてください。

ポイント③:自らのポジション

3つ目は自らのポジションです。

なぜなら、自らが正しい位置にいるのか判断できるからです。

また、味方選手の守備位置がずれている際には、カバーすることができます。

例えば、味方選手の守備位置が通常よりも右にずれている場合、自らが空いたスペースをカバーできるポジションを守れます。

さらに、自らの守備位置とチーム全体の位置を把握でき、有効な守り方が可能です。

サーバーは自らのポジションを確認しながら、有効な守り方をしましょう。

自らのポジションが把握できない場合は、味方の選手にアドバイスをもらいながら適切な位置を把握してください。

サーブをする前に確認するべきポイント

サーバーは、サーブをする前に点数を確認することが大事です。

なぜなら、点数次第で攻め方が変わるからです。

また、試合の展開によって、攻撃する方法を決めやすいでしょう。

例えば、両チームの点数に差がない場合、思い切った攻撃を行い、試合の流れを変えることができます。さらに、毎回プレーを確認していると相手のスキをつけるでしょう。

一方、ミスを避けるために慎重な行動を取れることも可能です。

仮に拮抗した試合の場合、失点により勝敗を左右することもあり得ます。

サーバーは点数を把握した上で、現状に相応しい攻撃を行いましょう。

練習や練習試合から1つ1つのプレーを意識する

サーバーは、練習や練習試合から1つ1つのプレーを意識しながら動いてください。

公式試合から1つ1つのプレーを確認すると、集中力が続かないでしょう。

日頃から集中力を高めつつ、プレーにメリハリをつけましょう。

また、味方選手と連携を取りながら質の高いプレーをすることが大事です。

選手同士が協力し合いながら、有効な攻撃や守備を行いましょう。