ブロックの正しいフォームを身に付けよう

ブロック テクニック

今回は、「ブロックの正しいフォーム」についてご紹介します。

相手のスパイクを直接コートに落としたり、スパイクの威力を弱めたり、コースを限定してレシーブしやすい状況をつくることができるのが「ブロック」です。
さらに、相手にブロックを意識させることで、スパイクミスを誘うこともできます。

ブロックは、試合中とても重要な役割です。

そこで、今回は「ブロックの正しいフォーム」をご紹介します。
正しいフォームを覚えていただき、ブロックをバンバン決められるようになりましょう!

 

基本フォーム

①手を胸の前に置き、いつでも跳べるように膝は軽く曲げておく
③ジャンプする時は、太ももとお尻に力を入れて、スクワットの体勢を取る
③肩甲骨とみぞおちを引き上げるようにして、腕を伸ばし、身体全体を使ってジャンプをする

 

ブロックの手の出し方

両腕を上げて、腕でネットの表面を撫でるようにジャンプをします。
腕を白帯の向こう側にしっかり突き出すように伸ばしましょう。
このとき、手先だけに集中するのではなく、肩甲骨から腕を伸ばす意識を持つことで、身体がブレずにしっかりとした壁をつくることが出来ます。

ブロックは両手を上げますが、実際はどちらかの手にボールがあたります。
ですので、片手で止めるつもりで力を入れるようにしましょう。
両手に力を入れ、やや内側に向けて片手でボールを止めるつもりで腕を出しましょう。

 

練習方法

・壁に正対して立つ
・ブロックの基本フォームで構え、ジャンプして壁を両手で押す
・回数を決めて繰り返し行う

この練習は、壁を押してブロックの基本姿勢を身につける練習方法です。

<ワンポイントアドバイス>
ジャンプをするとき、かかとを付けた状態から、太ももの裏側・お尻の筋肉を使って、真っすぐ上に跳ぶことを意識しましょう。

 

まとめ

今回は、「ブロックの正しいフォーム」についてご紹介しました。

・身体全体を引き上げるようにブロックをする
・両手に力を入れやや内側に、向けて片手でボールを止めるつもりで腕を出す
・太ももの裏側とお尻の筋肉使って、真っすぐ上にブロックする

これらのことを意識しながら、ブロックをするようにしましょう。

壁を使った練習で正しいフォームが身に付いてきたら、実際にネットを使ってブロックの練習を行うことをおすすめします。

今までできなかったブロックも、この記事を参考にしていただくことできっとできるようになると思います!
ぜひ、練習してみてください。


LINE友達登録で50%OFFクーポンプレゼント!

新しい時代で伸びる上達法!LINEで友達になると、短時間の練習で上級者の動きに変える、バレーボール上達DVDを半額で学んでいただけます

バレーボール強育塾がLINE公式アカウントを開設! 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、バレーボール強育塾で使えるクーポンをお渡しします! このクーポンを使うと…私たちが販売しているバレーボールDVDの中から、お好きなDVDおひとつを半額で手に入れていただけます。

LINE友達登録で、バレーボールDVD教材が50%OFF!

詳細はこちらをクリック!