ブロックが上手くなる!押さえるべき3つのコツ

ブロック テクニック

相手の攻撃を遮るブロック

実は、ブロックの役割は、スパイクを止めるだけにとどまりません。

・ワンタッチでスパイクの威力を弱める
・相手スパイカーにプレッシャーをかける
・スパイクを打つコースを限定させる

というように、たくさんの役割があり、バレーボールにおいて非常に重要なプレーと言えます。

守備の要素が強いようにも思えますが、シャットアウトできればそれが得点に直結します。
たくさん練習して、ブロックが得意な選手になりましょう!

今回は、ブロックが上手くなるための「押さえるべき3つのコツ」をご紹介します。

 

構えた姿勢から一直線で腕を出す

ブロックでの腕の出し方は、構えた姿勢から一直線で出すようにしましょう。

よくない例として、ジャンプして手が高く上がった状態から前に出すというものがあります。
このように、空中で腕を動かす動作をおこなうと、ブロックのタイミングが遅れてしまうため、ブロックとしての役割を果たせなくなります。

ですので、ブロックでは、弧を描くようなフワッとした動作ではなく、鋭い弓矢のように相手コートへ突き刺さるような動作を意識しましょう。

構えた姿勢から一直線で腕を出すためには、ブロックを跳ぶ直前に肘をしっかりたたみ、手が自分の体の前にあるように構えます。
そこから、タッチネットしないように気をつけながら、しっかりと相手コートに手を突き出しましょう。

 

ネットに対してまっすぐジャンプする

ブロックでのジャンプは、ネットに対してまっすぐジャンプするようにしましょう。

よくない例として、体が後ろに反ってしまったり、斜めになってしまうというものがあります。
ジャンプで体が反ってしまうと、自分の体とネットの間が広くなってしまい、ブロックが吸い込まれやすくなります。
また、真上ではなく斜め方向のジャンプになってしまうと、ブロックの高さが生かせなくなってしまいます。

ですので、安定したブロックを跳ぶために、ネットに対してまっすぐジャンプすることを常に意識しましょう。

 

親指と小指に力を入れる

スパイクにはじかれないブロックにするためには、手の形がとても重要なポイントになります。

では、どのようにしてブロックの手の形をつくればよいのか?

その具体的な方法とは・・・「親指と小指に力を入れる」という方法です。

一度、その場で試してみてください。不思議と指全体に力が入る感覚があると思います。

この手の形をつくって前(相手コート)へ突き刺すように出せば、スパイクをシャットアウトしやすくなります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、ブロックが上手くなるための「押さえるべき3つのコツ」をご紹介しました。

非常に基本的な内容ではありますが、ブロックでは必ず押さえておかなければならないポイントになります。

ぜひ、この3点を今後のブロック練習で意識してみてください。

これまでブロックが苦手だったという方も、上手くなってブロックを得意のプレーにしましょう!!