相手のスパイクをシャットアウトするブロックの練習方法

練習メニュー ブロック テクニック

今回は、「相手のスパイクをシャットアウトするブロックの練習方法」についてご紹介します。

バレーボールの得点源となるスパイカーが最も邪魔だと感じるのが、「ブロック」です。

ブロックは、スパイクを止める唯一の方法で、このブロックが試合中に機能すれば、スパイクが味方のコートに落ちることがなくなります。

しかし、
ブロックアウトされてしまう…
ネットに吸い込まれてしまう…
と悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

そのようなことで悩んでいる方は、
ブロックをただ跳んで手を上げているだけになってしまっていることが多いです。

そこで、今回は「相手のスパイクをシャットアウトするブロックの練習方法」についてご紹介します。

ブロックの手のひらの形

指先まで力が入っていないことが原因で、ブロックアウトされてしまいます。

相手がスパイクを打つ瞬間に、「親指」と「小指」に力を入れてみてください。

自然に指に力が入り、ブロックアウトを防ぐことが出来ます。

ブロックの腕を出す方向

ブロックは、ネットの白帯スレスレに手を出すようにしましょう。

白帯から手や腕が離れすぎてしまうと、ボールを吸い込んでしまいます。

ブロックの練習方法

・2人組になる(練習者と補助者)
・1人(補助者)は、高い台に乗り、ネットを挟んでブロックする位置にボールを持つ
・1人(練習者)は、ジャンプしてボールを掴む

補助者は、ボールを自分のコート側で持つようにしましょう。

練習者側にボールがあると、ネットから手が離れてしまうので、ブロックアウトや吸い込みをして、相手に利用されるブロックの形になってしまいます。

ですので、ボールを補助者のコート側で持ち、相手側に手を出さないとボールを掴めないような状態をつくるようにしましょう。

また、ボールを包むような形で、「親指」と「小指」に力を入れて掴みます。

これができたら、スパイクが手に当たった時に、ボールを真下に落とすことができます。

注意点

手を前に出す時は、ネットタッチしないようにしましょう。

ネットタッチしてしまうということは、相手の点数になってしまいます。

スパイクがアウトになってしまっても、ネットタッチで相手の点数になってしまいますので、ネットタッチは練習の時から気を付けるようにしましょう。

まとめ

今回は、「相手のスパイクをシャットアウトするブロックの練習方法」についてご紹介しました。

・「親指」と「小指」に力を入れる
・ネットの白帯スレスレに手を出す
・ボールを包むような形でキャッチする

このようなことを意識して、ブロックの練習をしてみてください。

ただ跳んでいるだけだと、ブロックの効果はありません。
相手のスパイクをシャットアウトするブロックができるようになりましょう!