スムーズにレシーブをするコツ

レシーブ テクニック

今回は、「スムーズにレシーブをするコツ」についてご紹介します。

試合中や練習中に、オーバーで取るかアンダーで取るかを迷ったことはありませんか?

その結果・・・

・ボールを弾いてしまう
・オーバーで取ろうとしたけど、思ったより下だった
・アンダーで取ろうとしたけど、思ったより上だった

このような経験をしたことがあるのではないでしょうか?

迷わずスムーズにレシーブをするコツは、「構える手」を意識することです。

今回は、「スムーズにレシーブをするコツ」ついてご紹介します。

 

構える手について

オーバーで取るのかアンダーで取るのかを迷ってボールを弾いてしまうのは、「手」が原因の可能性が高いです。

私もそうだったのですが、強打がくると思った瞬間に手を組んでしまいます。
みなさんもそうではありませんか?

手を組むと、腕を振ってしまってボールを弾いてしまいます。
さらに、上にボールが来てしまうと、オーバーができなくなります。

 

構える手の3つのポイント

➀手の位置は「膝より前」

ボールが上下左右に来る場合、自分に近づけば近づくほどボールは離れていきます。

ですので、前でボール取ることによって、弾くことがなくなり、守備範囲が広がります。

届かない位置に行く前に先に取れるので、守備範囲が広くなります。

 

②手の位置は「フラットな位置」

手を上に向けて構えると、ボールが来た時、オーバーで取るという選択肢に絞られてしまいます。

逆に、下に構えすぎると、高いボールが来た時、手で振ってボールを弾いてしまいます。

ですので、手の位置はおへそと胸の真ん中あたりで構えるようにしましょう。

また、膝より前で構えることで、視界に手が入ります。

視界の範囲になってくると、人間は不思議で、顔にボールが来たら守ろうとします。

ですので、自分の視覚の中で手を構えるようにしましょう。

 

➂肩の力を抜く

肩に力が入ってしまうと、しっかり動くことができません。

肩に力が入ってしまうと、前でとる時も動きが遅くなってしまってしまい、全ての動きが悪くなります。

ですので、肩はリラックスした状態で構えるようにしましょう。

 

まとめ

今回は、「スムーズにレシーブをするコツ」についてご紹介しました。

・手の位置は「膝より前」
・手の位置は「フラットな位置」
・肩の力を抜く

これらのことを意識することで、自然とレシーブの判断がスムーズにできるようになります。

今までオーバーで取るかアンダーで取るかを悩んでいた方も、きっと迷わなくなるでしょう。

ぜひ、実践してみてください!


LINE友達登録で50%OFFクーポンプレゼント!

新しい時代で伸びる上達法!LINEで友達になると、短時間の練習で上級者の動きに変える、バレーボール上達DVDを半額で学んでいただけます

バレーボール強育塾がLINE公式アカウントを開設! 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、バレーボール強育塾で使えるクーポンをお渡しします! このクーポンを使うと…私たちが販売しているバレーボールDVDの中から、お好きなDVDおひとつを半額で手に入れていただけます。

LINE友達登録で、バレーボールDVD教材が50%OFF!

詳細はこちらをクリック!