ラインジャッジを成功させる練習方法

練習メニュー レシーブ テクニック

今回は、「ラインジャッジを成功させる練習方法」についてご紹介します。

バレーボールの試合で一度は、
ジャッジミスをしてしまった…
という経験がある方は多いのではないでしょうか?

ボールを取れる位置にいたのにもかかわらず、アウトだと思って見逃したらインだった…
というミスは、チームの雰囲気が非常に悪くなってしまいます。

ラインジャッジという技術は、基本的な技術に見えても実は難しい技術なのです!

しかし…

サーブ・レシーブ・スパイク・パスなどはそれぞれ練習をするのに、「ジャッジ練習」って聞いたことがないですよね?

そこで、今回は「ラインジャッジを成功させる練習方法」についてご紹介します。

 

サイドラインのジャッジ方法(レフトバックの場合)

練習方法

・相手コートからゆっくりしたボールを投げてもらう
・ジャッジをする練習をする

アドバイス
ボールが来た時に、左足をサイドラインに置きます。

ボールを見ているので、目をボールから離して、サイドラインを見ることができません。
ですので、アンテナの周辺視野で確認しながら、アンテナに左足を合わせるようにしましょう。

そして、ボールの落下地点に素早く入ってジャッジをします。
足よりも左側にボールが来たらアウトで、右側にボールが来たらインになります。

ラインジャッジで、インかアウトか分からない場合は、必ずレシーブするようにしましょう。

~悪い例~
・左足がラインを越えてしまっている
・左足がラインに届いていない
・ボールの落下地点へ入っていない
・左足でラインをまっすぐ踏んでいない

~良い例~
・落下地点へ素早く入る
・動きやすいし姿勢で構えている
・相手から手が離れた瞬間に落下地点を予測している
・アンテナ周辺視野で見てアンテナに左足を合わせる

ボールが左肩より外の場合はアウトになります。
逆に、ボールが左肩より中の場合はインになります。

きわどいボールは必ず取るようにしましょう。

 

まとめ

今回は、「ラインジャッジを成功させる練習方法」についてご紹介しました。

・ボールの落下地点に入る
・アンテナを周辺視野で見て左足をラインに置く
・ジャッジをする

これは、ラインジャッジをするためだけの練習です。

この基本を知っているか知らないかでは、ラインジャッジの成功率が大きく変わります。
この練習を行うことで、ジャッジミスを減らすことができます!

ぜひ、練習してみてください!


LINE友達登録で50%OFFクーポンプレゼント!

新しい時代で伸びる上達法!LINEで友達になると、短時間の練習で上級者の動きに変える、バレーボール上達DVDを半額で学んでいただけます

バレーボール強育塾がLINE公式アカウントを開設! 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、バレーボール強育塾で使えるクーポンをお渡しします! このクーポンを使うと…私たちが販売しているバレーボールDVDの中から、お好きなDVDおひとつを半額で手に入れていただけます。

LINE友達登録で、バレーボールDVD教材が50%OFF!

詳細はこちらをクリック!