素早く1歩が出せるようになるレシーブのコツ

レシーブ テクニック

今回は、「素早く1歩が出せるようになるレシーブのコツ」をご紹介します。

レシーブで素早く1歩が出せない…
と悩んでいる方がいらっしゃるのではないでしょうか?

私も、レシーブする場面で素早く1歩が出せず、ミスをたくさんしてしまってチームに迷惑をかけてしまった経験があります。

足を1歩出したらボールが取れるとわかっていても、出ないんですよね…

そこで、今回は「素早く1歩が出せるようになるレシーブのコツ」をご紹介します。

レシーブの基本姿勢

素早く1歩を出すためには、レシーブの基本姿勢が重要です。

・足幅は肩幅より少し広く開く
・腰を落とす
・右か左を半歩前へ置く

これが、バレーボールの基本姿勢です。

つま先より膝が前で、膝より肘が前の状態で手を構えるようにしましょう。

真ん中に重心を置いて腰を落とすのではなく、足の母指球に重心を置き、腰を落とすように膝を曲げます。

レシーブのコツ➀ つま先を少し広げる

基本姿勢をとって時に、膝が内側に入ってしまう方が多いです。

膝が内側に入ってしまうと、1歩出したい時に、膝を大きく動かす必要があり、時間もかかってしまいます。

ですので、構えた時のつま先を少し広げて構えるようにしましょう。
つま先が向いている方向に、足は出しやすいのでスムーズに出ます。

レシーブのコツ② 足を小刻みに動かす

常に足を小刻みに動かすことで、移動しやすくなります。

足が出ない原因の1つとして、床にべったりと足を付けて、前重心ではなく身体の真ん中に重心があることです。

ですので、少し踵を上げ小刻みに動かすことで、重心が自然と前になり、移動がスムーズになります。

レシーブのコツ③ ステップを入れる

①と②が合わなかった方は、動く瞬間にステップを入れて動きやすくします。

具体的には、足が浮くか浮かないかというイメージで、地面から足を一瞬離して着地する という動作を行います。
そうすることで次の行動に移しやすくなります。

着地も、音がなるかならないかぐらいで、軽くステップを入れてみましょう。

インパクトの直前に地面から足を離しますが、このタイミングは人それぞれ違うので、練習などで自分に合ったタイミングを探してみてください。

これをマスターすることで、前後左右にスムーズに動けるようになります。

ちなみに、私は③が一番やりやすかったです!

まとめ

今回は「素早く1歩が出せるようになるレシーブのコツ」についてご紹介しました。

・つま先を少し広げる
・足を小刻みに動かす
・ステップを入れる

素早く1歩が出せないと悩んでいる方は、この3つのコツを意識してみてください。

人それぞれ、合うものが違います。
自分に合ったものを見つけてみましょう。


LINE友達登録で人気DVDの半額クーポンプレゼント!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、人気講師“熊崎雅文”の「バレーボール指導革命~発想の逆転『弱者のバレー』」が半額になるクーポンをプレゼント!

友だち追加