足元の強打スパイクを上げる「突っ込みレシーブ」のコツと練習方法

練習メニュー レシーブ テクニック

今回は、「足元の強打スパイクを上げる突っ込みレシーブのコツと練習方法」についてご紹介します。

みなさんは、「突っ込みレシーブ」をご存知ですか?
突っ込みレシーブとは、足元のボールをレシーブすることを言います。

一般的なレシーブは、体の正面や横でボールを取ることがほとんどだと思います。
しかし、実際の試合であれば、足元にボールがくる場面も多くありませんか?

その時に使えるのが、「突っ込みレシーブ」なのです!

そこで今回は、「足元の強打スパイクを上げる突っ込みレシーブのコツと練習方法」をご紹介します。

突っ込みレシーブの練習方法①

・2人組になる
・レシーバーは膝をついた状態で構える
・ボールを出す人は、レシーバーの腕の面にボールを投げる

この練習は、突っ込みレシーブの体のもぐらせ方を身に付けることができます。

突っ込みレシーブの練習方法②

・2人組になる
・レシーバーは膝をついた状態で構える
・ボールを出す人は、強いスパイクを打つ

ボールを出す人がしっかり強いスパイクを打つことで、レシーブする人は突っ込みレシーブの感覚を身に付けることができます。

突っ込みレシーブの練習方法③

・2人組になる
・普通のレシーブをする状態で構える
・足元辺りを狙って強打スパイクを打つ

実際の試合でもあるような、足元辺りを狙った強打スパイクを打ってもらうようにしましょう。

様々なスパイクを打ってもらうことにより、試合に近づけた練習ができます。

コツ①前方向に体重移動させる

前方向にボールがくると分かった瞬間、前方向に体重移動をし始めるようにしましょう。

強打スパイクに一瞬で反応するためには、前方向にボールがくると分かった瞬間に一気に体を前のめりに倒してレシーブすることが重要になります。

コツ②ボールの下に潜り込む

突っ込みレシーブは、自分の体よりもはるか前のボールをレシーブします。
ですので、姿勢が高い状態で突っ込みレシーブをしても、ボールを拾うことができません。

ですので、なるべくボールの下に体を潜り込ませてレシーブするようにしましょう。

まとめ

今回は、「足元の強打スパイクを上げる突っ込みレシーブのコツと練習方法」についてご紹介しました。

・前方向にボールがくると分かった瞬間、前方向に体重移動をし始める
・なるべくボールの下に体を潜り込ませてレシーブする

これらのことを意識して、ご紹介した練習方法3つを実践してみてください。
試合中、足元の強打スパイクを上げられるようになり、守備範囲が広がります!


LINE友達登録で人気DVDの半額クーポンプレゼント!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、人気講師“熊崎雅文”の「バレーボール指導革命~発想の逆転『弱者のバレー』」が半額になるクーポンをプレゼント!

友だち追加