バレーボール選手が行うラダートレーニングの効果

スパイク レシーブ ブロック テクニック

みなさんは、「ラダートレーニング」をご存じですか?

現在行っている方は、「なぜ行っているのか」ということを考えてラダートレーニングを行っていますか?

今回は、「バレーボール選手が行うラダートレーニングの効果」についてご紹介します。

ラダートレーニングの効果

英語で「Ladder(ラダー)」とは、「はしご」という意味です。
はしごのような四角のマス目を地面に置き、ステップするトレーニングです。

このラダートレーニングは、脳の指令を筋肉に伝達する速度を上げることができます。

筋肉が動くのは、脳から神経を通して各筋肉に「動け!」という指令が伝達されているからです。

その伝達の速度を上げることができるのが、ラダートレーニングなのです!

つまり、ラダートレーニングに取り組むことで、1つ1つの動作スピードが上がるのです。

バレーボール選手が行うラダートレーニングの効果

バレーボール選手にとって、重要な1つのトレーニング方法が「ラダートレーニング」です。

先ほどもお伝えしたとおり、ラダートレーニングは、1つ1つの動作スピードを上げることができます。

ウエイトトレーニングや負荷をかけて行うトレーニングをしているけれど、動作スピードが上がらないな…と悩んでいるそこのあなた!

それだけのトレーニングでは、動作のスピードは上がりません。

実は、動作スピードを上げるためには、
・負荷をかけるトレーニング
・瞬発力トレーニング(ラダートレーニングなど)
が必要なのです。

ですので、負荷をかけるトレーニングをたくさんしても、瞬発系トレーニング(ラダートレーニング)をしていなければ、動作スピードは上がらないのです。

動作スピードが上がることで、

・レシーブの移動が速くなる
・レシーブで細かい足の運びができる
・落下点に速やかに移動して、余裕をもって受けられる
・スパイクやブロックのジャンプが高く跳べる

などの効果があり、バレーボール選手にとっては非常に必要になります。

まとめ

今回は、「バレーボール選手が行うラダートレーニングの効果」についてご紹介しました。

・動作スピード=筋力×瞬発力
・筋力とスピードの両方を鍛えること

これらのことを意識して、ラダートレーニングを行ってください。
今までとは比べものにならないほど、レシーブ・スパイク・ブロックがしやすくなると思います。

ぜひ、ラダートレーニングを取り入れてみてください!


LINE友達登録で人気DVDの半額クーポンプレゼント!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、人気講師“熊崎雅文”の「バレーボール指導革命~発想の逆転『弱者のバレー』」が半額になるクーポンをプレゼント!

友だち追加