バレーボール選手に必要なジャンプ力を高めるトレーニング

練習メニュー スパイク レシーブ ブロック テクニック

今回は、ジャンプ力を高めるトレーニング「デプスジャンプ」をご紹介します。

ジャンプ力を高めるトレーニングの1つとして、「デプスジャンプ」というトレーニングがあります。

ご存じですか?
筋収縮速度を高める効果があり、瞬発力を鍛えるトレーニングで、プライオメトリクストレーニングの一種です。

プライオメトリクストレーニングとは、簡単に言うと、「一瞬で発揮できる力を上げるトレーニング」です。

デプスジャンプは、台から飛び降りて着地した瞬間にすぐに飛び上がるという反動を使ったトレーニングですので、普通のジャンプよりも負荷が強いです。

例えば、
アタックを打つ時…
ブロックをする時…
ジャンプサーブをする時…
などなど、ジャンプをして何かを行う時にこのトレーニングが必要になります。

また、瞬発力も鍛えられるので、レシーブの動きもよくなり、ディグやレセプションも上がりやすくなります。

では、「デプスジャンプ」をご紹介していきたいと思います!

デプスジャンプ

・30~80㎝程度のボックスの上に乗った状態からスタート
・片足を前に出して、落ちるように降りる
・着地した瞬間に真上にジャンプをする
・8回×3セット~5セット行う

~アドバイス~
ボックスから降りる時は、反動を付けずにゆっくり降りるようにしましょう。

膝を曲げてしゃがみ込まないように、少し膝が曲がる程度でジャンプをするようにします。

膝を曲げすぎると、違う箇所に負荷がかかってしまい、怪我をしてしまう可能性があるので注意しましょう。

一番大切なのは、着地の時間をできるだけ短くすることです。
短くして高く跳べるようになると、一瞬で高いジャンプができるようになります。

反射的に跳ぶことを意識して、できるだけ早い動作を行いましょう。

トレーニングに慣れてきたら、ボックスの高さを少しずつ高くして負荷を上げます。
最初から高いボックスでしてしまうと、膝などの怪我をするリスクがあるので、少しずつ高さを上げましょう!

まとめ

今回は、ジャンプ力を高めるトレーニング「デプスジャンプ」をご紹介しました。

・瞬発力・身体の連動性UPが期待できるトレーニング
・レシーブの動きがよくなり、ディグ・レセプションも上がりやすくなる
・一瞬で高いジャンプができるようになる

このデプスジャンプは、1人でも行えるトレーニングですので、ぜひ実践してみてください。

すぐにはジャンプ力は上がらないかもしれませんが、継続して練習をすることできっとジャンプが上がるようになります!