【動画あり】強打レシーブを自分のコートに上げられるようになる練習方法

練習メニュー レシーブ テクニック

今回は、「強打レシーブを自分のコートに上げられるようになる練習方法」をご紹介します。

試合中、強打レシーブをした時。
相手のコートにボールが返ってチャンスボールになってしまった…
という経験がある方は多いのではないでしょうか?

私も、試合中にしてしまい、監督に怒られた経験があります。

このチャンスボールで相手に得点を決められたら、とても悔しいですよね…
ボールを自分のコートに上げられていたら、自分のチームの得点になっていたかもしれないです。

そこで、今回は「強打レシーブを自分のコートに上げられるようになる練習方法」をご紹介します。

練習方法

・2人組になる
・1人は、速いスパイクを打つ
・もう1人は、そのスパイクを真上にレシーブする

この練習をすることで、相手のコートにボールが返ってしまいチャンスボールになることが少なくなります。

アドバイス➀

相手コートにボールが入ってしまう原因は、腕を振ってレシーブをしてしまっているからです。

腕を振ってしまうと、速いスパイクの場合、ボールを弾いてしまいます。

ボールがきたら、腕を振らないように注意をして、ボールの勢いを吸収するようにしましょう。

その感覚を身に付けられるのが、この直上にあげる練習です。

アドバイス②

腕を前に出して構えるようにしましょう。

なぜだと思いますか?
スパイクの速度が速いからです。

腕を前に出して構えることで、スパイクが腕に当たるだけでボールが上に上がる状態を事前につくることができます。

また、構える動作の時間を短縮できるので、スパイクを腕に当てる事だけに集中できます。

アドバイス➂

ボールが腕に当たるまで、しっかり見るようにしましょう。

恐怖心から腰を引いたり、顔を背けたり、アゴを開けたりしてボールから目が離れている方が多いです。

その結果、正しい位置で腕にボールを当てる事ができません。

ですので、ボールが腕に当たるまで、しっかりボールを見るようにしましょう。

まとめ

今回は、「強打レシーブを自分のコートに上げられるようになる練習方法」についてご紹介しました。

・腕を振らないでボールを吸収する
・腕を前に出して構えて腕にボールを当てることに集中する
・ボールが腕に当たるまで見る

このようなことを意識して、強打レシーブの練習をしてみてください。

きっと、上手くなり、強打レシーブが得意になると思います。