相手のスパイクフォームを見てフェイントを拾えるようになる方法

レシーブ テクニック

今回は、「相手のスパイクフォームを見てフェイントを拾えるようになる方法」についてご紹介します。

「フェイントを拾えない…」
このようなことで悩んでいる方は多いと思います。

試合中にフェイントで決められてしまうと、とても悔しくないですか?

私は、スパイクを決められた時よりも悔しかったです…

実は、フェイントを取れないのには原因があります。
その原因の1つが、「相手のスパイクフォームを見ていない」からです。

そこで、今回は「相手のスパイクフォームを見てフェイントを拾えるようになる方法」についてご紹介します。

相手のスパイクフォームの見方

先ほどもお伝えした通り、フェイントを拾えない原因の1つは、
「相手のスパイクフォームを見ていない」からです。

あなたは、スパイカーの助走や打ち方をしっかり見ていますか?
これらを見ていないと、フェイントか強打か判断できません。

・トスがネットから近い
・トスが合わなかった

このような時に、フェイントがくることが多いです。

トスがネットから近い場合

セッターのトスがネットに近い場合は、スパイクを打つ方の体勢が乱れます。

この体勢を見分けることができれば、前に移動して拾うことができるのです。

トスが合わなかった場合

試合中によく見かけるのが、セッターとスパイクのタイミングが合わずに、フェイントをする場面です。

このタイミングが合っていないと感じ取れることで、フェイントを取れるようになります。

フェイントが上手い選手の場合

トスのタイミング・ボールの位置が良い時に、フェイントをしてくる上手な選手がいます。

スイングスピードを弱めて「チョン」と打つフェイントは、非常に厄介ですよね…

この場合は、手元をよく見て素早く動くことが重要になります。

フェイントがきたと思って動いても、遅いです。
フェイントがくるのを、より早く見極めるようにしましょう。

打つ瞬間の手元をみて、スイングスピードが弱くなったら、「フェイントかも」という意識をもってレシーブを行ってみてください。

まとめ

今回は、「相手のスパイクフォームを見てフェイントを拾えるようになる方法」についてご紹介しました。

・スパイカーの助走や打ち方をみる
・体勢を見る
・手元を見る

相手がスパイクを打ってくる時は、これらのことを意識してレシーブするようにしましょう。

フェイントを素早く見極めることができ、今まで以上に拾えるようになります。

ぜひ、普段の練習から意識してみてください。