フローターサーブの基本とチェック方法

サーブ テクニック

今回は、「フローターサーブの基本とチェック方法」についてご紹介します。

サーブは、バレーボールの中で唯一の個人プレーです。
それと同時に最初のプレーでもあり、狙いどころを決めて相手チームを崩すことで、自分のチームを有利に展開することが出来ます。

フローターサーブは、サーブの基本です。
このサーブをマスターしていないと、ジャンプサーブやジャンプフローターサーブを習得することはできません。

そこで今回は、「フローターサーブの基本とチェック方法」についてご紹介します。

 

基本的な打ち方

・肘が下がらないように構える
・トスは空中に置くイメージでボールを離す
・ボールから目を離さない
・前足のつま先はボールの進行方向に向け身体全身で押し出すように打つ

 

打ち方のポイント

どんなサーブでも、トスは非常に重要になります。

トスを安定させるためには、
・トスを高く上げ過ぎない
・トスを上げる時はなるべく高い位置構えておく
ということが重要です。

高い位置からボールを離すことで、トスのブレが最小限に抑えられます。

あごを引いたまま、上目遣いでボールを最後までみるようにしましょう。
サーブを打つ時に相手のコートを見てしまうと、打点が下がってしまい、正確にコントロールができません。

トスを上げたら肩を後ろに引き、体重をのせてボールを打つようにしましょう。

ボールをミートする場所は、手の平の下の厚みがある部分です。
ボールを捉える瞬間にしっかりと手首を固定して打つと力がボールに伝わります。

 

チェック方法

・目隠しをしてフローターサーブ

正しいフォームと安定したトスが身に付いていれば、目隠しをしてもフローターサーブは確実にコートに入ります。

この時に、チームメイトに動画を取ってもらい、自分の動作を確認するようにしましょう。

 

まとめ

今回は、「フローターサーブの基本とチェック方法」についてご紹介しました。

・トスは上げ過ぎないで高い位置からボールを離す
・上目遣いでボールを最後までボールをみる
・ボールを捉える瞬間にしっかりと手首を固定して打つ

これらのことを意識して、フローターサーブを打つようにしましょう。

さらに、フローターサーブの基本ができるようになれば、目隠しをしてフローターサーブを打ち、完璧にできているかチェックしてみましょう。
きっとフローターサーブが上達すると思います。

ぜひ、実践してみてください!


LINE友達登録で50%OFFクーポンプレゼント!

新しい時代で伸びる上達法!LINEで友達になると、短時間の練習で上級者の動きに変える、バレーボール上達DVDを半額で学んでいただけます

バレーボール強育塾がLINE公式アカウントを開設! 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、バレーボール強育塾で使えるクーポンをお渡しします! このクーポンを使うと…私たちが販売しているバレーボールDVDの中から、お好きなDVDおひとつを半額で手に入れていただけます。

LINE友達登録で、バレーボールDVD教材が50%OFF!

詳細はこちらをクリック!