ジャンプサーブで抑えておくべきポイントとは?3つのポイントを解説!

サーブ テクニック 林 みろ吉 講師一覧

「ジャンプサーブが上手く打ちたい」

「おさえておくべきポイントはあるのか…」

「工夫するポイントも教えて欲しい!」

上記のような悩みや不安を抱えている方がいるのではないでしょうか。

ジャンプサーブは威力のサーブであり、得点を取りやすい攻撃の1つです。

アタッカーはボールを的確な場所に狙うことで、得点を取りやすくなります。

しかし、やみくもにジャンプサーブをしたとしても、有効な攻撃になりません。

アタッカーはジャンプサーブの際に3つのポイントをおさえておくことで、有効な攻撃に繋げやすくなるでしょう。

今回の記事では、ジャンプサーブでおさえておくべき3つのポイントを解説します。

この記事を読み終わった人は、ジャンプサーブが上手くなるでしょう。

ジャンプサーブでおさえておくべき3つのポイント

ジャンプサーブでおさえておくべきポイントは、

ボールをとらえる位置」・「相手選手の守備位置」・「サーブに変化を加える」の3つです。

ポイント①:ボールをとらえる位置

1つ目のポイントは、ボールをとらえる位置をおさえておくことです。

なぜなら、威力のあるジャンプサーブができないからです。

また、サーブミスにつながるリスクもあります。

例えば、サーブの度にボールをとらえる位置が変わった場合、ボールの威力や狙う場所が安定しません。

さらに、ボールを上手くとらえられずにサーブミスにつながることもあるでしょう。

サーブをする選手は、ボールをとらえる位置を把握しておきましょう。

ポイント②:相手選手の守備位置

2つ目のポイントは、相手選手の守備位置を確認しておくことです。

なぜなら、相手のスキを突いた有効な攻撃ができるからです。

例えば、相手レシーバーの守備位置を確認することで、癖や弱点が見つかります。

また、相手チームの弱点を突くことで得点につなげやすくなるでしょう。

サーブをする選手は相手の守備位置を確認しながら、狙う位置を変えてください。

他にもチームメイトとやり取りを行いながら、攻める位置を決める方法があります。

サーブをする選手よりも冷静に状況を把握しているでしょう。

サーブの度に選手同士で確認しながら、攻め方を決めても良いでしょう。

ポイント③:サーブに変化を加える

3つ目のポイントは、サーブに変化を加えることです。

なぜなら、相手選手のスキや意表を突けるからです。

例えば、相手レシーバーの意表を突いた攻撃ができた場合、得点やチャンスにつながる可能性が高くなります。

また、相手の守備が崩れてしまい、攻めやすくなるでしょう。

サーブをする際は、ボールの威力や回転に変化をつけながら攻めてみましょう。

ジャンプサーブで工夫するポイントとは?

ジャンプサーブで工夫するポイントとしては、「ボールに加える力を変えること」と「ボールの回転数を変える」の2つです。

サーブの度に力と回転数を変えることで、有効な攻撃ができるでしょう。

ポイント①:ボールに加える力を変える

ポイントの1つ目は、ボールに加える力を変えることです。

なぜなら、相手選手のレシーブを安定しなくなるからです。

また、相手のミスを誘えることもできます。

例えば、サーブの度にボールの威力が変わる場合、レシーブの体勢やタイミングを合わさなければなりません。

仮にタイミングが合わないと、レシーブが乱れる可能性が高くなります。

サーブをする選手はボールに加える力を変えながら、相手のレシーブを乱しましょう。

ポイント②:ボールの回転数を変える

ポイントの2つ目は、ボールの回転数を変えることです。

なぜなら、ボールの軌道が変わり、安定したレシーブをしにくくなるからです。

また、軌道が読みにくいため、相手選手のジャッジミスに繋がることもあるでしょう。

例えば、サーブの度にボールの軌道が変化する場合、レシーバーは守備位置を変えなければなりません。

また、どのボールにも対処できるレシーブ体勢を取る必要があります。

サーブをする選手は回転数を変えながら、相手選手の守備を崩しましょう。

練習しながらコツを掴む

ジャンプサーブをする選手は、力や回転数を変えながら練習しましょう。

練習の際は、失敗することを恐れずに行うことが大事です。

選手は成功と失敗を繰り返しながら、自らのコツを掴んでください。

仮に一人でコツを掴めない場合は、チームメイトや監督・コーチからアドバイスをもらいましょう。

第三者の意見を取り入れることで、上達するきっかけになる可能性があります。

選手は練習を重ねながら、上達しましょう。