ジャンプサーブが上手くなる練習方法とは?3つの方法に注目!

サーブ テクニック 林 みろ吉

「ジャンプサーブを上手く打ちたい」

「どのような練習をするべきなのか…」

「上手くなる練習方法を教えて欲しい!」

上記のような悩みや不安を抱えている方がいるのではないでしょうか。

ジャンプサーブは、得点を取る有効な攻撃方法の1つです。

選手は威力のあるジャンプサーブをすることで、相手の守備を乱すこともできます。

しかし、ジャンプサーブは高い技術力やコツがいるサーブのため、簡単に習得できません。

選手は、日頃の練習から徐々に技術を高める必要があるでしょう。

今回の記事ではジャンプサーブが上手くなる練習方法について、3つの方法に注目します。

この記事を読み終わった人は、ジャンプサーブが上手くなるでしょう。

ジャンプサーブが上手くなる3つの練習方法

ジャンプサーブが上手くなる3つの練習方法として、「壁打ちの練習」「ボールを上げる練習」「踏み切りの練習」が挙げられます。

3つの練習方法は基礎的な練習になりますが、技術を向上させるために大事です。

練習方法①:壁打ちの練習

1つ目の練習方法は、壁打ちの練習です。

壁打ちは手がボールに当たる位置を確認できます。また、ボールに縦回転をかける練習もできます。

例えば、ボールに縦回転をかける練習をしたい場合、壁打ちを行いながら技術を磨くことが可能です。

さらに、手がボールに当たる位置を変えながら、回転数を増減させるコツを掴みます。

選手は、壁打ちをしながら手がボールに当たる位置や回転数を把握しましょう。

練習方法②:ボールを上げる練習

2つ目の練習方法は、ボールを上げる練習です。

サーブでは、安定したボールを上げることが大事になります。

なぜなら、選手の得意な位置で手がボールに当たると、威力のあるサーブになるからです。

例えば、ボールを上げる度に高さや位置が変わると、安定かつ威力のあるサーブができません。

また、ボールがコート外に落ちるリスクも高くなります。

ジャンプサーブをする際は、安定したボールが挙げられるように練習を行いましょう。

何度も練習することで、選手の得意な位置を見つけられます。

練習方法③:踏み切りの練習

3つ目の練習は、踏み切りの練習です。

なぜなら、踏み切る位置がずれるとジャンプサーブの威力や回転数に影響を及ぼすからです。

例えば、踏み切る位置が通常よりも奥側になった場合、手がボールに当たるポイントを変えなければなりません。

選手はボールに力を上手く加えられず、威力のあるサーブにならないでしょう。

ジャンプサーブの際は、踏み切るポイントを把握した上で同じ位置で行いましょう。

ジャンプサーブで注意するべきポイント

ジャンプサーブで注意するべきポイントとしては、「強引なサーブをしないこと」と「エンドラインを踏まないこと」の2つです。2つのポイントを抑えることで、ミスによる失点を防げます。

ポイント①:強引なサーブをしないこと

1つ目のポイントは、強引なサーブをしないことです。

なぜなら、狙うべきサーブの軌道に乗らない可能性が高いからです。

また、ボールがネットに当たり、失点につながることもあるでしょう。

例えば、ボールが低い位置で手に当たった場合、ネットに接触する可能性が高くなります。

ボールがネットに当たると自陣のコートに落ちたり、威力の落ちた状態で相手コートに入ったりと失点につながりやすくなります。

選手は強引なサーブをせずに、相手選手の意表を突ける場所を狙いましょう。

サーブをする前に、相手選手の守備位置を確認することを忘れないようにしてください。

ポイント②:エンドラインを踏まないこと

2つ目のポイントは、エンドラインを踏まないことです。

なぜなら、エンドラインを踏むと反則を取られてしまい、失点になるからです。

また、失敗したことで次のプレーに悪影響を及ぼすこともあるでしょう。

例えば、通常よりも前方にボールを上げた場合、踏み切るポイントがエンドラインに近くなり、ラインを踏んでしまうリスクが高くなります。

選手は、エンドラインを踏まないようにボールを上げる位置に気をつけましょう。

練習の積み重ねが大事

ジャンプサーブが上手くなるためには、基礎的な練習を日々行うことが大事です。

基礎が身についていなければ、威力かつ安定したジャンプサーブになりません。

ジャンプサーブは個人で練習を行えるため、隙間時間を利用すると良いでしょう。

選手は焦らずに技術を磨きながら、徐々に上達しましょう。