ジャンプサーブの威力を上げるコツは?3つの方法を項目ごとに紹介!

サーブ テクニック 林 みろ吉

「ジャンプサーブの威力を上げたい!」

「威力を上げるためにはどのような練習をすればよいのか…」

「ジャンプサーブの威力を上げるコツを知りたい!」

上記のような悩みや不安を抱えている方がいるのではないでしょうか。

ジャンプサーブは有効な攻撃方法の1つであり、相手の守備を崩せます。

アタッカーは威力のあるジャンプサーブをすることで、得点に繋げやすくなります。

ただし、威力のあるジャンプサーブをするためには高度な技術を身につけなければなりません。

アタッカーは、ジャンプサーブのコツを掴むことが大事になるでしょう。

今回の記事では、ジャンプサーブの威力を上げるコツを紹介します。また、2つの練習方法についても見ていきましょう。

この記事を読み終わった人は、ジャンプサーブの高度な技術が身につけられるはずです。

ジャンプサーブの威力を上げるコツ

ジャンプサーブの威力を上げるコツとして、「回転数を上げる」・「的確にボールをとらえる」・「高い打点から打つ」が挙げられます。3つのコツを把握し実践することで、威力のあるジャンプサーブを打てるでしょう。

コツ①:回転数を上げる

1つ目のコツは回転数を上げることです。なぜなら、回転数を上げることで鋭いジャンプサーブになるからです。

例えば、手でボールをとらえる際に縦回転をかけた場合、下方に鋭く落ちていきます。さらに、アタッカーが想定する以上に鋭いジャンプサーブになる可能性もあるでしょう。

アタッカーは縦回転をかけることを意識し、ジャンプサーブをしましょう。

コツ②:的確にボールをとらえる

2つ目のコツは的確にボールをとらえることです。なぜなら、的確にボールをとらえなければ、有効な攻撃にならないからです。

例えば、手でボールをとらえる位置が通常より上方の場合、軌道が低くなりネットに接触するリスクがあります。また、縦回転が上手くかけられず、威力が半減することもあるでしょう。

アタッカーは、的確にボールをとらえるように意識しながら練習をしてください。

コツ③:高い打点から打つ

3つ目のコツは高い打点から打つことです。なぜなら、打点が低いと威力のあるジャンプサーブにならないからです。

例えば、低い打点でジャンプサーブをした場合、軌道が低くなってしまい、ミスに繋がる可能性があります。さらに、通常の力を入れることができず、相手が取りやすいサーブになるでしょう。

アタッカーは高い打点から打つことを意識し、ジャンプサーブをしてください。

ジャンプサーブの練習方法

ジャンプサーブの練習方法として、「壁打ち」と「ボールを高く上げて打つ」の2つが挙げられます。2つの練習方法は個人練習であり、隙間時間に実践することが可能です。

練習方法①:壁打ち

1つ目の練習方法は壁打ちです。壁打ちをする際には手でボールをとらえる位置を変えながら、打ちやすいポイントを探します。また、ボールに縦回転をかけやすく位置も見つけ出します。

例えば、手でボールをとらえる場合、毎回位置を変えながらベストなポイントを探していくのです。さらに、複数打ちやすいポイントを見つけることができれば、強弱のあるジャンプサーブを打ち分けられます。

アタッカーは確実に手でボールをとらえ、自らのベストなポイントを探してください。

練習方法②:ボールを高く上げて打つ

2つ目の練習方法は、ボールを高く上げて打つことです。なぜなら、高い位置でボールをとらえることができれば、威力のあるジャンプサーブになるからです。また、ボールがネットに接触する回数を減らせるでしょう。

例えば、低い位置でボールをとらえた場合、威力が伝わりにくくなります。さらに、ネットに接触するリスクが高くなるでしょう。

アタッカーは手でボールをとらえるベストなポイントを見つけましょう。

成功と失敗が上達への近道

アタッカーは、ジャンプサーブを上達させるために日々練習をすることが大事です。さらに、成功と失敗を繰り返しながらコツを掴みましょう。両方の場面を振ることで、成功と失敗の理由が明確になるはずです。一人でコツを掴めない場合はチームメイトに見てもらい、アドバイスをもらいましょう。アタッカーは焦らずに納得のできる練習を行ってください。