ジャンプサーブの注意点は?3つのポイントやコツを掴む練習方法も紹介!

サーブ テクニック 林 みろ吉

「ジャンプサーブが上手くなりたい!」

「どのようなことに注意すればよいのか…」

「ジャンプサーブの注意点や上達するコツを教えて欲しい!」

上記のような悩みや不安を抱えている方がいるのではないでしょうか。

ジャンプサーブは有効な攻撃方法の1つであり、得点を取りやすくなっています。

アタッカーはジャンプサーブを身につけることで、より多くの得点を狙えるでしょう。

ただし、ジャンプサーブは高い技術に加え、いくつか注意するべきポイントがあります。

アタッカーは技術だけではなく、注意するポイントを把握しておく必要があるでしょう。

今回の記事では、ジャンプサーブの注意点をご紹介します。また、コツを掴める練習方法も見ていきましょう。

この記事を読み終わった人は、ジャンプサーブが上手くなるでしょう。

ジャンプサーブの3つの注意点

ジャンプサーブの注意点としては、「同じコースを狙わない」・「同じ威力で打たない」・「急いでサーブをしない」の3つが挙げられます。アタッカーは3つの注意点を理解した上で、ジャンプサーブをしましょう。

注意点①:同じコースを狙わないこと

1つ目の注意点は、同じコースを狙わないことです。なぜなら、相手チームが守備を固めてくるからです。また、独自のフォーメーションを組み、ボールに対応できるようにするでしょう。

例えば、サーブをする前に相手チームのレシーバーが守備位置を変更し、ボールに対応できる態勢を取っている可能性があります。相手のレシーバーはサーブコースを読んでおり、簡単に拾えるでしょう。

アタッカーは同じコースを狙わずに、毎回コースを変更するようにしてください。

注意点②:同じ威力で打たないこと

2つ目の注意点は、同じ威力で打たないことです。なぜなら、相手のレシーバーがボールに対応できるようになるからです。

例えば、同じ力・回転数のサーブをレシーブする場合、数回受けることで感覚を掴まれ、対応されるようになります。さらに、セッターの位置にボールを返球されやすくなり、威力のある攻撃を受けるリスクがあるでしょう。

アタッカーはボールに加える力を変えながら、強弱をつけた攻撃をしましょう。

注意点③:急いでサーブをしないこと

3つ目の注意点は、急いでサーブをしないことです。なぜなら、いつも通りのサーブができずにミスに繋がる恐れがあるからです。

例えば、笛を吹かれた瞬間にサーブをした場合、タイミングがずれてしまい、ネットに当たったり、コート外に落ちたりと安定したジャンプサーブになりません。また、相手の守備位置を確認できず、チャンスを逃すこともあるでしょう。

アタッカーは焦らずに時間をかけながら、落ち着いた状態でジャンプサーブをしましょう。

ジャンプサーブのコツを掴める練習

アタッカーは壁打ちをしながら、ボールに加える力や回転数を確かめましょう。

ジャンプサーブは有効な攻撃ですが、レシーバーの真正面を狙うと簡単に拾われてしまいます。

また、毎回同じジャンプサーブをすると相手のレシーバーに対応されてしまう可能性があります。

アタッカーはボールに加える力や回転数を変えながら、多彩な攻撃ができるようにしましょう。

さらに、ボールを狙う場所を変えることで、相手のレシーバーが対応しにくくなります。

多彩な攻め方をすることで、より多くの得点を狙えるようになるでしょう。

壁打ちは、練習の休憩時間や個人練習の際にすることをおすすめします。

アタッカーは、隙間時間に壁打ちを取り入れることで効率的に練習を進められるでしょう。

練習を積み重ねることが大事

ジャンプサーブを上達させるためには、練習を積み重ねることが大事です。

アタッカーは成功と失敗を繰り返しながら、徐々に技術を上達させていきましょう。

ジャンプサーブは、主に個人練習で技術を身につけられます。

練習試合で実践しながら、安定した威力のあるジャンプサーブができるようにしましょう。