ジャンプサーブはどこを狙うべきか?4つのポイントを紹介!!

練習メニュー サーブ 林 みろ吉

「ジャンプサーブの決定率を上げたい!」

「どの場所を狙うべきなのか…」

「ジャンプサーブを狙うべきポイントを知りたい!」

上記のような悩みや不安を抱えている方がいるのではないでしょうか。

ジャンプサーブはボールに縦回転をかけるため、威力のあるサーブになります。

また、相手の守備を崩すことができ、優位に試合を進められるはずです。

ジャンプサーブをする人は狙うべきポイントを理解し、積極的に攻めましょう。

今回の記事では、ジャンプサーブを狙うべきポイントを紹介します。

この記事を読み終わった人は、ジャンプサーブの決定率が上がるでしょう。

ジャンプサーブを狙うべきポイント

ジャンプサーブを狙うべきポイントは、「左右のサイドライン」・「エンドライン」・「コートの前方」・「各レシーバーの間」の4つが挙げられます。サーバーをする際には、相手のコートを確認した上で攻めるポイントを決めましょう。

ポイント①:左右のサイドライン

1つ目のポイントは、左右のサイドライン上を狙います。なぜなら、レシーバーの判断ミスを誘いやすくなるからです。また、ボールへの対応が遅れ、レシーブが乱れることにも繋がります。

サイドライン上を狙った場合、各レシーバーによっては、ボールに触わらずに見過ごすことがあります。その際にボールがライン上に触れていれば、得点に繋がります。サーバーはライン上を狙い、相手レシーバーのミスを誘いましょう。

ポイント②:エンドライン

2つ目のポイントは、エンドライン上を狙います。なぜなら、レシーバーは後方への反応がしにくいからです。また、コート外に落ちるボールに触り、失点する可能性もあります。

例えば、エンドライン上を狙った場合、前方に重心を置いているレシーバーは反応が遅れてしまい、ミスしやすくなります。また、正確な判断ができずにコート内に落ちるボールをレシーブしないこともあるでしょう。

サーバーはエンドライン上を狙い、相手レシーバーの守備を乱しましょう。

ポイント③:コートの前方

3つ目のポイントは、コートの前方を狙います。なぜなら、縦回転のボールに対応しにくいからです。また、前方に重心を置いていないレシーバーは対応が遅れ、安定したレシーブをすることができません。

例えば、レシーバーの前方を狙った場合、相手のレシーブが乱れ、得点に繋がる可能性があります。また、相手のレシーブが乱れ、単調な攻撃になるためブロックしやすくなるでしょう。

ジャンプサーブをする方は、積極的に前方を狙ってみてください。

ポイント④:レシーバー同士の間

4つ目のポイントは、レシーバー同士の間です。なぜなら、ボールに反応できなかったり、レシーブをためらったりするからです。

例えば、レシーバー同士の間にサーブを狙った場合、レシーブ同士がためらい、ボールを見過ごす可能性があります。また、声の掛け合いをしていない場合は、選手同士が接触し、ミスに繋がることもあるでしょう。

サーバーは相手のレシーバーの動きとやり取りを確認しながら、狙うポイントを決めてください。

ジャンプサーブで確認するべきこと

ジャンプサーブをする人は、サーブの前に相手選手の守備位置を確認してください。なぜなら、相手選手の間に隙が生まれている可能性があるからです。また、一球ごとに守備位置を変えていることもあります。

例えば、ジャンプサーブをする人の攻撃パターンを読んでいる場合、相手のレシーバーが得意なコースを守っています。また、攻撃ごとに守備位置を変えながら、サーバーの攻めるポイントを減らす方法を取ることもあり得るでしょう。

サーブをする場合は一球ごとに相手の守備位置を確認し、隙を見つけてください。仮に隙を見つけた場合は積極的に攻めましょう。

失敗を恐れずに攻めることが大事

ジャンプサーブをする人は、失敗を恐れずに積極的に攻めてください。

中途半端な攻撃をしてしまうと、ミスに繋がるリスクがあります。また、相手のレシーバーが簡単にボールを拾い、相手のチャンスになるケースもあるでしょう。

ジャンプサーブをする際は狙うポイントを決め、積極的に攻めましょう。