サーブをする際に気をつける3つのポイントを解説!試合中に注意することにも注目!!

サーブ テクニック 林 みろ吉

「サーブをする際に落ち着かない…」

「どのような点に気をつけるべきなのか」

「サーブをする際に気をつけるポイントを教えて欲しい!」

上記のような悩みや不安を抱えている方がいるのではないでしょうか。

サーブは得点を取ったり、相手の守備を乱したりと試合の展開を左右するものです。

また、サーブを決めることで、味方チームの士気も上がります。

サーブは自分のモチベーションだけではなく、味方選手の士気にも影響を与えます。

試合中、サーバーは慎重かつ積極的にサーブをする必要があるでしょう。

今回の記事では、サーブをする際に気をつける3つのポイントを解説します。

この記事を読み終わった人は、ジャンプサーブの成功率が高くなるでしょう。

サーブをする際に気をつける3つのポイント

サーブをする際に気をつける3つのポイントとして、「消極的な攻め方をしないこと」・「やみくもにサーブをしないこと」・「焦らないこと」が挙げられます。サーバーは、3つのポイントを把握した上で、練習や試合に臨みましょう。

ポイント①:消極的な攻め方をしない

1つ目のポイントは、消極的な攻め方をしないことです。なぜなら、ミスに繋がったり、相手の反撃を受けたりするからです。また、チャンスを逃してしまい、試合の結果に悪影響を及ぼす可能性があります。

例えば、威力のないサーブをした場合、簡単にボールを拾われ、反撃を受けやすくなります。さらに、相手に得点を取られてしまい、サーブ権も奪われます。

サーバーは積極的な攻め方を行い、より多くの得点を取りましょう。

ポイント②:やみくもにサーブをしないこと

2つ目のポイントは、やみくもにサーブをしないことです。なぜなら、相手のスキを突けずに得点のチャンスを逃すからです。また、安定したサーブをされてしまい、相手チームの得意な攻撃を受けるでしょう。

例えば、レシーブの得意な相手選手にサーブした場合、拾われる可能性が高くなり、相手に多彩な攻撃をするチャンスを与えてしまいます。相手チームに得点を取られると、試合の展開が変わります。

サーブをする際は相手選手の守備位置や点数を把握し、有効な攻め方をしましょう。

ポイント③:焦らないこと

3つ目のポイントは、焦らないことです。なぜなら、落ち着いたプレーができないと実力を発揮できないからです。また、冷静にコート内の動きを判断できません。

例えば、相手チームの守備が乱れている場合、冷静に判断するとスキをつくことができます。また、ローテンションによって、攻めやすい場所が変わってくるでしょう。

サーバーは冷静にコート内の状況を確認し、攻めやすい場所を見つけてください。

一人で攻める場所が決められない場合は、チームメイトと声を掛け合いながら情報交換をしましょう。他の選手の意見を取り入れることで、新たな攻め方が見つかる可能性があります。選手間でコミュニケーションを取りながら、有効な攻め方をしてください。

試合中に注意すべきこと

試合中、サーブの際に注意することは急いで打たないことです。なぜなら、ミスをしてしまい、失点に繋がる可能性があるからです。また、ボールをミートする位置がずれ、威力のあるサーブになりません。

例えば、主審が笛を吹いた直後にサーブをした場合、平常心でプレーできずにミスをすることがあります。サーブをする前にラリーが続いていると呼吸が整っておらず、落ち着いたプレーができないでしょう。

サーバーは主審が笛を吹いた後、焦らずにサーブをしてください。

練習の時から3つのポイントを意識することが大事

サーバーは練習の時から3つのポイントを意識してください。日頃からポイントを意識しておくと、公式試合でも実践できます。また、拮抗した場面であっても落ち着いたプレーができるでしょう。

サーバーは焦らずに1つ1つのプレーに集中し、結果を残してください。落ち着かない場面ではチームメイトと声を掛け合いながら、平常心を取り戻しましょう。