ジャンプサーブで工夫するポイントに注目!(ボールの高さ編)

サーブ テクニック 林 みろ吉

「ジャンプサーブの威力を上げたい!」

「どのように工夫すればよいのかわからない…」

「ジャンプサーブで工夫するポイントを教えて欲しい!」

上記のような悩みや不安を抱えている方がいるのではないでしょうか。

ジャンプサーブは、サービスエースを狙える威力のあるサーブです。

サーバーは相手のレシーバーが対応できない威力のサーブをすることで、より多くの得点を得られるでしょう。

ジャンプサーブをするサーバーは、自らが打ちやすい高さを把握する必要があります。

今回の記事では、ジャンプサーブの際にボールの高さで工夫するポイントをご紹介します。

この記事を読み終わった人は、ジャンプサーブの技術が向上するでしょう。

ジャンプサーブの際にボールの高さで工夫するポイント

ジャンプサーブの際にボールの高さで工夫するポイントとして、「打ちやすいポイントを見つける」・「複数の打ちやすいポイントを見つける」・「打点を変えること」の3つが挙げられます。

ポイント①:打ちやすいポイントを見つける

1つ目のポイントは、打ちやすいポイントを見つけることです。

なぜなら、威力のあるジャンプサーブができるからです。

また、拮抗した状況を打開するきっかけになります。

例えば、点差が開いていない試合の終盤において、威力のあるサーブをすることで得点に繋がりやすくなり、優位な状況を作ることができます。

さらに、サービスエースを狙いやすくなり、チームの士気を高められるでしょう。

サーバーは自らを含めたチーム全員の士気を高め、試合を優位に運びましょう。

ポイント②:複数の打ちやすいポイントを見つける

2つ目のポイントは、複数の打ちやすいポイントを見つけることです。

なぜなら、試合の状況や相手の守備位置によって、サーブを打ち分けられるからです。

また、ボールを上げるタイミングや高さが異なった場合に対応しやすくなります。

例えば、相手の守備位置が通常よりもコートの後方の場合、前方に軟打を狙い、サービスエースを取りにいきます。

さらに、サーブの威力や軌道を変えることで、相手の守備を乱せるでしょう。

サーバーは複数の打ちやすいポイントを見つけ出し、効果のあるジャンプサーブをしましょう。

ポイント③:打点を変える

3つ目のポイントは、意図的に打点を変えることです。

なぜなら、状況に応じ効果のある攻撃ができるからです。

また、相手の守備が移動したタイミングで適したサーブをすることができます。

例えば、ボールを上げたタイミングで相手の守備が移動した場合、狙う場所によって打点を変えます。

サーバーは相手チームの隙や弱点を突いた攻撃ができるでしょう。

さらに、相手選手のレシーブを乱すことも可能です。

サーバーは打点を変えながら、多彩なジャンプサーブをできるようにしましょう。

ジャンプサーブの際に確認するべきポイント

ジャンプサーブの際に確認するべきポイントは、相手チームの守備位置です。

なぜなら、ローテーションによって、守備に隙が生じる可能性があるからです。また、相手の弱点が見つかることもあり得るでしょう。

例えば、守備の苦手な選手が後衛にいる場合、他の選手がカバーに入るために守備位置を変えており、他の場所に隙が生じていることがあります。

さらに、選手同士が連携を取れず、サーブに対応できないケースもあるでしょう。

サーバーは毎回相手の守備位置を確認し、隙や弱点を見つけてください。

相手の隙や弱点を見つける方法として、味方選手のアドバイスが有効です。

サーバーよりも冷静に状況を把握しているため、的確なアドバイスを行えるでしょう。

他の選手と協力しながら、効果のある攻撃をしてください。

練習でさまざまな打ち方をする

サーバーは、さまざまなジャンプサーブができるようにしてください。

ジャンプサーブを狙う場所だけではなく、打点も変えてみましょう。

サーブの軌道が通常と異なった場合、レシーバーはレシーブしにくくなります。

また、ミスに誘いやすくなるでしょう。

日々練習を行い、さまざまな打点でサーブできるようにしましょう。

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中