ジャンプサーブは相手コートの前方に打つと有効!?3つの理由を解説!!

サーブ テクニック 林 みろ吉

「ジャンプサーブの決定率を上げたい!」

「コートの前方を狙うべきなのか迷う…」

「相手コートの前方を狙った場合に、有効な攻撃となる理由を教えて欲しい!」

上記のような悩みや不安を抱えている方がいるのではないでしょうか。

ジャンプサーブは威力のある攻撃のため、サービスエースを狙えます。

サーバーはサービスエースを狙うことで、試合を優位に進められるはずです。

ジャンプサーブをする場合は威力に加え、得点しやすい場所を狙う必要があるでしょう。

今回の記事では、相手コートの前方にジャンプサーブを狙う3つの理由をご紹介します。

この記事を読み終わった人は、技術が向上するでしょう。

前方にジャンプサーブを打つことが有効な理由

相手コートの前方にジャンプサーブを打つことが有効な理由として、「レシーブを乱すことができる」・「サービスエースを狙える」・「ダイレクトで攻撃できる」の3つが挙げられます。

試合を優位に進めたい場合には、有効な攻め方になるでしょう。

理由①:レシーブを乱すことができる

1つ目の理由は、レシーブを乱すことができるからです。

コートの前方にサーブを狙うことで、レシーバーの意表を突けます。

また、レシーブが安定せず、攻撃を防ぎやすくなるでしょう。

例えば、相手のレシーバーがボールへの対応が遅れた場合、相手の攻撃が単調になりやすく、防ぎやすくなります。

さらに、相手のミスを誘い、失点に繋がる可能性があるでしょう。

サーバーはコートの前方を狙い、相手のレシーブを乱しましょう。

理由②:サービスエースを狙える

2つ目の理由は、サービスエースを狙えるからです。

相手のレシーバーが、サーブに対応できない可能性があります。

特に、前方のレシーブが苦手な選手は対応が遅れてしまい、ボールに触れないでしょう。

例えば、威力を弱めたジャンプサーブを狙った場合、相手のレシーバーが反応できずに得点に繋がることがあります。

また、ボールに触れられたとしても、コート外に飛んでいくこともあるでしょう。

ジャンプサーブをするサーバーはコートの前方も狙いながら、攻撃をしてください。

理由③:ダイレクトで攻撃できる

3つ目の理由は、ダイレクトで攻撃できるからです。

コートの前方にボールを狙うと、レシーブが乱れ、ネットを超えることもあります。

アタッカーは飛んできたボールをダイレクト攻撃できます。

例えば、相手のレシーバーから飛んできたボールがネットを越えてきた場合、ダイレクトにアタックできます。

相手選手はボールへの対応が遅れ、防ぎにくくなるでしょう。

サーバーはジャンプサーブを前方に狙い、攻撃をしやすい状況を作りましょう。

ジャンプサーブをする時のコツ

ジャンプサーブをする時のコツとして、相手レシーバーの守備位置を確認することです。

なぜなら、相手の隙や弱点が見つかり、攻めやすくなるからです。

また、相手チームのローテーションによって守備力が低いケースもあるため、得点を取りやすくなります。

例えば、レシーブの苦手な選手が後衛を守っている場合、その選手を狙うことでミスを誘えます。

さらに、他の選手との連携が取れていないと失点に繋がることもあるでしょう。

サーバーはジャンプサーブをする前に相手の守備位置を確認し、弱点を見つけてください。

他のコツとしては、同じジャンプサーブをしないことです。ボールに加える力を弱めたり、回転数を減らしたりすることで、相手のレシーブを乱すことができます。

また、さまざまな場所を狙い、相手の守備を乱せます。

多彩なジャンプサーブができるサーバーは、有効な攻撃に繋がりやすいでしょう。

日々の練習から技術を磨く

ジャンプサーブは高度な技術だけではなく、観察力も必要になります。

サーバーは、練習や試合で観察力や判断力を身につけていきましょう。

また、威力のあるサーブができるように技術を磨いてください。

サーバーは積極的にジャンプサーブを練習し、自らの得意な場所や威力のあるサーブができるようにしましょう。

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中