ジャンプフローターサーブのコツとは?3つのポイントについて解説!

サーブ テクニック 林 みろ吉

「ジャンプフローターサーブができるようになりたい!」

「どのように打てばよいのかわからない…」

「ジャンプフローターサーブのコツを教えて欲しい!」

上記のような悩みや不安を抱えている方がいるのではないでしょうか。

ジャンプフローターサーブは一般的なフローターサーブとは異なり、習得する難易度が高くなります。

サーブをする際にはジャンプした状態で打つため、事前に技術を習得しておく必要があります。

今回の記事では、ジャンプフローターサーブのコツについて紹介します。

また、3つのポイントについて見ていきましょう。

この記事を読み終わった人は、ジャンプサーブの技術が向上するでしょう。

ジャンプフローターサーブのコツとは?

ジャンプフローターサーブは空中でボールをとらえるため、威力のあるサーブを相手コートに打てます。

サーブをする際に、以下の3つのコツを把握しておくと効果のある攻撃ができるでしょう。

  • 安定したトスを上げる
  • ジャンプする位置と助走距離を確認する
  • 狙う場所を定める

1つずつ見ていきましょう。

コツ①:安定したトスを上げる

サーブする際は、毎回安定したトスを上げるようにしましょう。

安定したトスを上げることにより、サーブの威力や軌道が変わらないためです。

例えば、サーブの度に同じ高さのトスを上げた場合、打点が変わらずボールをコントロールしやすくなります。

また、思い切ったサーブを行いたい場合に効果的な攻撃が可能です。

サーバーは安定したトスが上げることで威力のあるサーブがしやすくなるでしょう。

コツ②:ジャンプする位置と助走距離を確認する

サーバーは、サーブを行う前にジャンプする位置と助走距離を確認してください。

ジャンプする位置を定まっていなければ、歩数が合わずに威力のあるサーブが打てません。

また、歩数が合わずにサーブをすると、着地時に足に負担がかかってしまい怪我に繋がるリスクがあります。

例えば、助走距離とジャンプする位置が明確な場合、思い切って攻めることが可能です。

さらに、ピンポイントでサーブを狙え、相手の隙を突けます。

サーブ前にジャンプする位置と助走距離を確認し、安定した攻撃を行いましょう。

コツ③:狙う場所を定める

サーバーはサーブ前に相手の守備位置を把握し、狙う場所を定めてください。

サーブする場所を定めることで積極的な攻撃ができ、得点に繋がりやすくなります。

相手の守備に位置が通常よりも前進している場合、エンドラインを狙えばサービスエースが狙えます。

また、相手のサーブを乱し、攻撃を防ぎやすくなります。

攻撃が単調になり、スパイクコースを絞りやすくなるでしょう。

相手のコートを確認した上で、サービスエースを狙う場所を見つけてください。

ジャンプフローターサーブの注意点

ジャンプフローターサーブを行う場合は、無理な体勢で打たないようにしましょう。

強引にサーブをすると、着地時に足を挫いてしまいます。

例えば、歩数が合わない状態でサーブした場合、タイミングが合わずに通常の着地ができずに体勢を崩しやすくなります。

着地時に転倒すると足だけではなく、腕や手首も負傷する可能性があるでしょう。

サーバーは無理な体勢でサーブしないように、日頃から助走距離とジャンプ地点を把握してください。

他にも、サーブの度に相手の守備位置を確認し、狙う場所を変えましょう。

同じ位置にサーブすると相手にボールを拾われやすくなります。

サーバーは効果のある攻撃を行い、より多くの得点が取れるようにしましょう。

日々の練習から技術を身につける

サーバーは日々の練習からジャンプフローターサーブを行い、技術を身につけましょう。

練習の際はコツを押さえた上で行うことにより、効率的に練習を進められます。

また、チームメイトからアドバイスをもらいながら弱点を克服し、安定したサーブができるようにしましょう。

ジャンプフローターサーブは技術を身につけるために時間がかかります。焦らずに練習を積み重ねながら技術を磨きましょう。

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中