サイドアウトとブレイクの確率を上げる方法

サーブ レシーブ テクニック

 

今回は、サイドアウトとブレイクの確率を上げる方法というテーマでお話したいと思います。

バレーボール指導者であれば、サイドアウトとブレイクについてご存知の方が多いかと思いますが、念のため簡単にご説明しておきます。

サイドアウト ・・・ サーブレシーブ側が得点すること
ブレイク ・・・ サーブ側が得点すること

このサイドアウトとブレイクの確率を上げることは、得点できるチーム=勝てるチームへつながると言えますね。

では、それぞれ確率を上げるためにはどんなことをすればいいのでしょうか?

 

■ サイドアウトの確率を上げるカギ「サーブレシーブ」

サイドアウトの確率を上げるには、サーブレシーブが最も重要なカギとなります。

正確なサーブレシーブでセッターにボールが返れば、セッターは正確なトスが上げやすくなり、スパイカーにベストな体勢で打たせることができます。

サーブレシーブが乱れてしまっては、攻撃パターンが限られてしまったり、相手コートへ返すだけになったりと、チャンスを無駄にしてしまうことになりますよね。

つまり、サーブレシーブを正確にセッターに返すということが大切になります。

もちろん、攻撃面でも大切なポイントはあります。

クイックなどの速い攻撃で仕掛ければ、相手も対応しにくくなりサイドアウトが取りやすくなるでしょう。

また、攻撃パターンを相手に読まれないためにも、ある程度の攻撃パターンは備えておく必要があります。

サイドアウトの確率を上げるためには、サーブレシーブを正確にセッターへ返す!ということをまず意識付けましょう。

 

■ ブレイクの確率を上げるカギ「サーブ」

ブレイクの確率を上げるには、サーブが最も重要なカギとなります。

コントロール力のあるサーブやパワフルなサーブが打てれば、相手はサーブレシーブを乱し、ベストな状態で攻撃ができなくなります。

そうすれば、こちら側のブロックやディグが決まりやすくなり、攻撃チャンスが回ってきやすくなりますよね。

つまり、サーブで相手のサーブレシーブを乱すということが大切になります。

サーブについては、コントロール・パワーの両方を兼ね備えていれば尚よしですが、まずはどちらか1つを極めていきましょう。

そして、先に力を入れた方のレベルが高くなればもう片方を磨くというように、最終的には両方を兼ね備えられるのが目標です。

コントロールがアップすれば、サーブレシーブの弱い相手を狙ったり、相手選手の間を狙ったりと、相手の攻撃パターンを減らすことができます。

パワーがアップすれば、すぐにブレイクすることができるサービスエースだって決めることができます。

ブレイクの確率を上げるには、サーブで相手のサーブレシーブを乱す!ということをまず意識付けましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

サイドアウト率とブレイク率では、一般的にサイドアウト率の方が高いとされていますので、ブレイク率をいかにとっていくかというところが得点する上でポイントになるでしょう。

ぜひ覚えておいていただき、意識して取り組んでみてくださいね。