【セッター】トスの基本とポイント

トス テクニック

 

今回は、セッターに焦点を当てて、トスの基本とポイントを一緒に押さえていきたいと思います。

セッターは、アタッカーへトスを上げるチームの司令塔となるポジションです。

アタッカーの決定率が上がるように正確で打ちやすいトスを上げることはもちろんですが、相手のブロッカーにトスを上げる場所を見破られないような意識も必要です。

よい攻撃のカギとなるかどうかはセッターのトスにあると言っても過言ではないくらい重要なポジションなので、基本からしっかり身に付けておきましょう。

 

■ 基本のトス

トスの基本として最も大切なことが、どんな状況においても正確なフォームで上げるということです。

では、基本のトスの上げ方を一緒に確認していきましょう。

まず、構えの姿勢は、両手を肩ぐらいの高さまで上げて膝を軽く曲げた状態にします。

そこから、ボールの落下地点にすばやく入り、ボールが落ちてきたら肘を引き付けて頭の上でボールをとらえます。

引き付けた肘をスッと伸ばすようにスムーズにボールを送り出します。

これが、基本のトスの上げ方です。一度頭の中でイメージしてみてください。

 

POINT❶ ボールをとらえるのは頭の真上

先程もお伝えしたように、トスを上げる際には、相手のブロッカーにどこに上げるかを見破られないようにしなければなりません。

そのため、頭の真上でボールを送り出すことを心掛けましょう。

おでこの前でボールをとらえてしまうと、前方にしか送り出せなくなるため、相手を惑わせるということを考えるとあまり好ましくありません。

ですので、前方にも後方にも送り出せるよう、頭の真上でボールを送り出す意識が大切です。

 

POINT❷ 膝の力を利用してボールを送る

トスは、肘の力だけを使って上げるのではなく、膝の力をしっかり利用するようにしましょう。

膝のバネの力が加わることによって、さらに伸びのあるトスを上げることができます。

膝は常に曲げておく状態にするのですが、ボールをとらえる瞬間にグッと力をためるイメージで曲げましょう。

 

 

今回は、トスの基本とポイントをご紹介させていただきました。

セッターというポジションは、試合の流れを左右するほどの重要なポジションです。

基本とポイントをしっかり押さえておき、アタッカーの決定率を上げられるセッターを育てていきましょう。