二段トスが打てるようになる2つのコツ

スパイク テクニック

今回は、「二段トスが打てるようになる2つのコツ」についてご紹介します。

二段トスを打つのが苦手だなぁ…
二段トスになるとネットにかけてしてしまう…
二段トスの打ち方がわからない…

など、二段トスに対して苦手意識を持っておられる方は多いのではないでしょうか?

 

それらの原因として、

・開き方が悪く下がりが遅い
・助走とタイミングが合っていない

ということが考えられます。

しかし、二段トスを打てるようになれば、レシーブで乱れてしまっても、しっかり相手に攻撃できるようになります。

そこで今回は、「二段トスが打てるようになる2つのコツ」についてご紹介します。

 

コツ❶ 助走の開き方

二段トスを打つ場合、いつものスパイクを打つように助走をしてしまうと、後ろから飛んできたボールを打つことになります。

後ろからくるボールは非常に打ちにくいです。
ですので、トスを上げる人とネットが両目で見える所まで開くようにしましょう。

そうすることで、トスが上がる軌道とネットの位置と自分が全て把握できるようになり、スパイクが打ちやすくなります。

また、下がりが遅いのも二段トスが打てない原因ですので、素早く開き二段トスを打つようにしましょう。

素早く開くことで、タイミングをみて助走できるようになります。

 

コツ❷ 助走とタイミングの合わせ方

まずは、自分のスパイクステップを理解する必要があります。

自分が、何歩助走で完璧なスパイクが打てるのか・何歩で気持ちよく打てるのかを知っておきましょう。

人によって、最後の3歩で合わせることでスパイクを打てる選手や4歩で合わせる選手もいます。

まずは、自分のスパイクステップを知りましょう。

ステップのスピードを変えずに一定にすることができれば、どの高さ・どの位置のトスでもタイミングを合わせることができます。

後ろからくるトスでも、良い開き方ができれば、しっかり打つことが出来ます。

コートの真ん中やコートの外からボールがくることがあるので、様々な場所からトスをあげてもらい、練習するようにしましょう。

 

まとめ

今回は、「二段トスが打てるようになる2つのコツ」についてご紹介しました。

ポイントをおさらいしておきましょう!

・トスをあげる人とネットの両方見える位置に素早く開く
・自分のスパイクステップを理解する

二段トスが苦手な方は、これらのことを意識しながら練習を行うことで、格段に上達します。

どこからトスが上がってきても、打てるように練習しておきましょう!


LINE友達登録で50%OFFクーポンプレゼント!

新しい時代で伸びる上達法!LINEで友達になると、短時間の練習で上級者の動きに変える、バレーボール上達DVDを半額で学んでいただけます

バレーボール強育塾がLINE公式アカウントを開設! 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、バレーボール強育塾で使えるクーポンをお渡しします! このクーポンを使うと…私たちが販売しているバレーボールDVDの中から、お好きなDVDおひとつを半額で手に入れていただけます。

LINE友達登録で、バレーボールDVD教材が50%OFF!

詳細はこちらをクリック!