スパイクの基本動作をキャッチボールで身に付けよう!

スパイク テクニック

今回は、「スパイクの基本動作を身に付けるキャッチボールの方法」についてご紹介します。

多くのチームが、バレーボールのウォーミングアップとしてキャッチボールをおこなっていると思います。

みなさんは、どのような事を意識してキャッチボールをおこなっていますか?
ウォーミングアップとして適当におこなってしまってはいませんか?

実は、キャッチボールをしっかりおこなうことで、スパイクの基本動作を身に付けることができます。
何も考えないでキャッチボールをおこなうのは、非常にもったいないです。

そこで、今回は「スパイクの基本動作を身に付けるキャッチボールの方法」についてご紹介します。

 

スパイクの基本動作を身に付けるキャッチボールの方法

・2人1組になる
・コート半分くらいの間隔をとる
・キャッチボールをおこなう

<アドバイス①>
スパイクの動作は、投げる動作と同じです。
ボールを投げる時に肘が下がってしまうと、スパイクを打つ時も肘が下がってしまい打点が低くなります。
スパイクは、打点が高い方が有利になるので、ボールを投げる時は投げやすいところから投げるのではなく、高い所からスパイクのフォームを意識して投げるようにしましょう。

<アドバイス②>
ウォーミングアップでキャッチボールをおこなっている時、腕でボールを投げている方が非常に多いです。
肩の小さな筋肉で投げるのではなく、背中の大きな筋肉や腰の回旋の力など全身の力を使って高い位置からボールを投げることを意識してみてください。
身体の前方でボールを離して投げるようにしましょう。
それがスパイクの基本動作に繋がります。

<アドバイス③>
スイングする時に左手(投げる手と逆の手)を上げないと、左肩が下がってしまい打点が下がってしまいます。
ですので、キャッチボールでも左手を上げるようにしましょう。
また、その左手を引くことで、より回旋しやすくなります。
さらに、空中でのボディーバランスを保つことができるので、キャッチボールから左手の動作も意識するようにしましょう。

 

まとめ

今回は、「スパイクの基本動作を身に付けるキャッチボールの方法」をご紹介しました。
ポイントをおさらいしておきましょう!

・肘を上げてスパイクフォームを意識する
・全身の力を使って高い位置からボールを投げる
・投げる手と逆の手を上げて引く動作をおこなう

これらの事をウォーミングアップから意識しておこなうことで、スパイクの基本動作が身に付き、上達します。

基本動作がすでに身に付いている方も、基本動作をウォーミングアップで意識することで、練習や試合でのミスも防げて良いスパイクが打てるようになります。

ぜひ、実践してみてください!


LINE友達登録で50%OFFクーポンプレゼント!

新しい時代で伸びる上達法!LINEで友達になると、短時間の練習で上級者の動きに変える、バレーボール上達DVDを半額で学んでいただけます

バレーボール強育塾がLINE公式アカウントを開設! 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、バレーボール強育塾で使えるクーポンをお渡しします! このクーポンを使うと…私たちが販売しているバレーボールDVDの中から、お好きなDVDおひとつを半額で手に入れていただけます。

LINE友達登録で、バレーボールDVD教材が50%OFF!

詳細はこちらをクリック!